ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 住宅業界向けソリューション
  4. JHOP
  5. JHOPかわら版(活用事例他)
  6. AnyONE 導入のポイント
  7. ポイント2
ここから本文です。

AnyONE導入のポイント2

お客様とその物件には、打ち合わせ記録や書類、図面や写真など非常にたくさんの情報があります。それら情報を“きちんと整理して管理する”ということが意外とできていないと耳にします。お客様の情報をまとめて管理することで顧客対応力のアップと満足度の向上をはかりたい。そんな企業様が導入を進めるケースが増えています。

お客様は、今までやりとりしたすべての情報をはじめ、自分の物件の状況は当然把握しているだろうという前提で連絡してくることがあります。

お客様の情報はどこの会社も工夫して整理されていますが、それでも探し出すのに苦労することが多いようです。

  • ファイルに挟んである中で、肝心の情報がみつからない
  • 自分の顧客ではないので、ファイルの中の整理の仕方が違って、探しづらい
  • 忙しくて情報を分類、整理する暇がない
  • たくさんの書類の中からひとつずつ見ながら必要な情報を探し出すのは大変

  • いただいたクレームが初めてのクレームだったかどうか瞬時に把握できない

また、情報はお客さま(物件)ごとに整理していることが多く、それをまたいだ情報を探し出すのは更に苦労されています。

  • 似たようなクレームが以前あった気がするが・・どこだったかな
  • 見込み客の管理まで手がまわらない
  • 昨年、年賀状を出したお客様はどこだったかな

お客様の情報を管理して顧客対応スピードをあげることで、お客様の満足度の向上と

良い関係を構築することができる。そしてそれが他への紹介やリフォームも含めた次の商談につながる。

AnyONEの顧客管理を導入した会社様で多く聞かれる声です。

AnyONE for JHOP の詳細機能はこちら

ページの先頭へ戻る