ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 住宅業界向けソリューション
  4. easyHousing
  5. easyHousingの利用形態
ここから本文です。

easyHousingの利用形態

工事受発注電子化サービス easyHousing

オンライン標準運用と基幹連携運用

easyHousingをご利用いただくには2つの運用方法があり、どちらを利用するか選択する必要があります。

オンライン標準運用

Webブラウザによる発注者機能・受注者機能で、easyHousingの標準の機能になります。パソコンとインターネットに接続できる環境があればすぐに利用できるので、早く、安く導入したい場合に選択いただけます。業務システムとの連携は半自動(人手を介する)で、カスタマイズは行いません。

基幹連携運用

お客様の基幹システムとの自動連携を行い、easyHousingを既存の基幹システムの一部として組込み利用することができます。

easyHousingのステータス(処理の状況や結果)を基幹システムに自動で戻すことで、発注や請求業務を自動化することができます。

オプション機能の利用や個別のカスタマイズにも対応します。

実際に使用できる機能について

「easyHousing」では標準機能の他、基幹連携を利用すると使用可能なオプション機能を用意しています。

機能名

オンライン標準運用

基幹連携運用

見積依頼・回答

(OP)

受注・発注
電子契約書保管
出来高
(OP)
請求
(OP)
支払通知
easyHousing上の債権のみ

(OP)
モバイル
(OP)
約款表示
(OP)
連続請負
(OP)
画面/帳票カスタマイズ
データ連携
CSVでの手動連携

自動連携
※OP:オプション 別途費用が発生します

限定サイトログイン

限定サイトをご覧いただくには

easyHousing限定サイトでは、詳しい機能や価格感、実際の画面イメージなど、知りたかった情報を期間限定で公開しています。 閲覧ご希望の方は以下からお問合せください。

ページの先頭へ戻る