ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 製造業・プロセス業
  4. お客さま導入事例
ここから本文です。

お客さま導入事例

最新の導入事例から、お客さまの成功エピソードをピックアップ!当初課題や開発秘話を交えてご紹介いたします。

株式会社リコー様

1936年の創業以来、世の中にイノベーションをもたらす製品やサービスを多数提供してきたOA・光学機器メーカーのリコー様。強みである「技術力」と「顧客接点力」に磨きをかけ、オフィス事業のほか、商用印刷事業や3Dプリンター事業、デジタルカメラをはじめとするコンシューマ事業などの分野で挑戦を続けています。

日機装株式会社様

精密機器メーカーとして知られる日機装様。中でもメディカル事業の分野では、国内トップレベルのシェアを誇る人工透析装置の開発・製造を行っています。同社の人工透析装置は、透析用剤の自動溶解によって透析医療業務を自動化するなど、高度な技術で医療従事者や患者の負担軽減、安全・安心な医療の実現に貢献しています。

ロゴ:NEC

量産品からカスタム製品(受注設計型製品)まで幅広いレンジの製品を市場に供給するNECグループ。NECでは、グループ全体での収益拡大やグローバルに最適化された生産体制の確立などを念頭に“グローバルSCM改革”を推進しています。具体的には、これまで事業体ごとにバラバラに運営されてきた設計・生産業務プロセスや生産管理システムを標準化することで、ムダを排除し、顧客ニーズに対応したスピーディーかつ高品質な生産を目指しています。

オリンパス株式会社様

創業以来培ってきた光学技術を活かし、「医療」「科学」「映像」という3つの事業を展開するオリンパス様。中でも科学事業は、生物顕微鏡、工業用顕微鏡、工業用内視鏡、非破壊検査機器などを提供して、生命科学・産業分野における研究開発や、生産現場の品質向上、社会インフラの保守点検などに貢献しています。

ルネサス エレクトロニクス株式会社様

ルネサス テクノロジとNECエレクトロニクスの経営統合により、2010年に誕生したルネサス エレクトロニクス。自動車、産業・家電、OA・ICTなどの分野において、高付加価値の半導体ソリューションを提供し続けています。

ロゴ:NEC

2008年7月以来、NECでは市場環境の変化にスピーディに対応し、グローバル市場におけるビジネスの競争優位性を獲得するための経営システム改革を推進してきました。このプロジェクトでは、NEC本体の各部門、および国内、海外のグループ会社が一体となった「One NEC」体制の確立を目指し、それまで個別最適化されてきた販売、調達、経理といった業務プロセスの標準化を実施。さらに、そうした業務を支える共通システムを「SAP ERP」をベースに構築し、NEC本社の各部門をはじめ、国内および海外のグループ会社に展開していきました。その結果、2010年からの約6年の間に本社を含む国内39社、海外17社の計56社へ同システムの適用が完了しています。

ロゴ:NEC

IoTやクラウド、ビッグデータ、AIなど、現在、新しい技術を中心としたデジタル化が急速に進んでいます。こうした中、熾烈なグローバル市場でさらなる成長を続けていくためには、様々なデジタルデータを積極的に活用し、新しい価値を創出していく必要があります。こうした観点から、NECグループでは2010年以降、ITシステムを刷新してきました。

セイコーエプソン株式会社様

創業以来、磨き続けてきた「省・小・精の技術」をベースに、プリンターをはじめプロジェクター、ウエアラブル・産業機器など、革新的な製品・サービスを提供し続けるエプソン様。2016年3月、長期ビジョン「Epson 25」を策定し、IoT関連ビジネスの強化など、様々な改革を進めています。

三菱電機株式会社様

三菱電機では、2003年からe-F@ctoryというコンセプトを提唱しています。これは、FA技術とITを融合・活用することで、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減し、ものづくり企業の改善活動を継続して支援しようというものです。e-F@ctoryをけん引する山本雅之氏は、IoT導入による「次」を見据えてこう語ります。

株式会社 竹内製作所様

ミニショベルやクローラーローダーなど、住宅建設などで活躍する小型の建設機械を主力製品とする竹内製作所様。過酷な条件下での利用を想定し、「耐久性」「操作性」「居住性」にこだわった同社の製品は特に海外での評価が高く、販売の96%を輸出が占めています。「現在の主要な輸出先は北米や欧州が中心ですが、今後は新興国への製品供給にも注力していきたいと考えています」と同社の宮川 修氏は話します。

ページの先頭へ戻る