ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. LogRevi
  4. 特長/機能
ここから本文です。

LogRevi - 特長/機能

ログを活用するための豊富な機能

【ログ傾向分析】
レポート毎のアラート発生数や推移、傾向を1画面に表示。
過去分のレポートも並べて閲覧可能。

【レポート/自動通知】
標準レポートテンプレートに加え、お客さまによる修正・作成も可能。
報告業務が大幅に改善。

【突合せレポート】

突合せデータには、ExcelやCSVで作成された様々な申請データを利用可能。

【マスタ連携】
ログに含まれないマスタ情報を自動で付加。
よりログをわかりやすくします!

【複数ログ専用ビューア】

どのシステムのログなのかが一目で分かる複数ログを見やすくするための専用ビューア搭載。

ログを効率良く保管


【ログ圧縮】
ログを最大1/10まで圧縮。
ハードディスクやストレージを効率的に利用できます。

【長期保管】
保存期間の制限はなし。
自社のログ保存ポリシーに沿った長期保管ができます。

【AES128bit暗号化】
ログは暗号化されてデータベース化。
ログの改ざん防止が可能!

【グループ権限設定】

監査部門、情報システム部門、人事部門などログを活用するグループ単位で様々な権限設定ができます。

【選べるDB作成モード】
1GBのログファイルを約15分でデータベース化。
検索重視、圧縮重視など作成モードも選択できます。

ログの収集をサポートする機能、連携製品

【イベントログ、Syslog対応】
WindowsイベントログとSyslogは標準対応。
サーバやネットワーク機器のログを一元管理。

【様々なデータ形式に対応】
CSV、タブ、スペース、パイプなどの区切り文字、文字列、バイトの区切りのログ取込みが可能。

【LanScope Cat対応】
LanScope Catが出力する12種類のログを自動取込。
ログレビで管理すれば検索条件も思いのまま!

【様々な連携製品】
JP1、秘文、CA Access Control、ALog ConVerter
など連携製品の取り込み用設定ファイルを無償提供!

【GUIによる簡単取込設定】

難しい設定やプログラム作成は必要ありません!
画面を見ながら簡単に取り込めます。

【マルチレコード仮想フィールド】
ログの内容を分析し、あらかじめ設定したルールに沿って取り込むことができます。

【エージェントレスログ収集】

対象システムに対してエージェントをインストールすることなくログを収集することができます。

ページの先頭へ戻る