ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 物流システムソリューション
  4. 物流コラム
  5. 【第37回】近未来の物流サービスについて
ここから本文です。

物流コラム

【第37回】近未来の物流サービスについて

※第37回目の物流に関するコラムを柴田道男がお送りします。

柴田さん人手不足を背景にした宅配企業のニュースが新聞の1面を飾ることが多くなっていますね。宅配における時間指定の一部見直しや共同利用型の宅配ロッカーの設置拡大でドライバーや配送担当者の業務負荷を削減していこうというものです。

前回(第36回)に宅配における消費者、つまり受取側のとどまることを知らないニーズについて書きました。提供側のサービスは需給の接点を探して柔軟な着地点を探していくことと思います。つまり、人手不足という経営環境を抱えて、可能な限り(100%ではないにしても)消費者のニーズに沿って行くと思います。

では、近未来の物流の姿はどうなっていくでしょうか?
受取側のニーズは限界無く進んでいくとして、すべてに応えるには人手不足とコストという問題があります。ですが、いくつかの可能性が見えてきていると思います。下記はすでに一部で実現や検討が始まっているものです。

  1. 自動運転、自動化による無人化
    • 宅配ドライバーの業務を代替できるような無人の運転技術に確立までには10年、20年はかかりそう
    • 長期的には自動運転によるドライバー不足の解消を期待
    • センター内の積込や仕分作業の機械化
  2. 配達タイミングの適正化
    • AIで最適な配送時間(もっとも在宅可能性の高い時間をシミュレートする)を割り出す
    • 受取側とのコミュニケーション(スマホアプリなどの活用)による不在配達=再配達の撲滅
  3. 宅配ロッカーの共同利用化
    • 駅のコインロッカー(スマホ利用型)の活用
    • サービス提供企業が提供するシェアリング型の住宅地での多目的・宅配ロッカーの設置
  4. 物流業者の共配化
    • 一部の過疎地で行われている共同配送やバスその他の交通機関を利用した宅配の共同化の進展
    • 買い物弱者向けの移動販売車との提携で、訪問先の顧客からネット注文を受け付けて配送まで行う受注と配送の共同化

これからもネット通販は伸びていくと思われますし、細分化・小口化は進んでいくと思います。一方、高齢化による人手不足と買い物弱者への対応が必要になってきます。そのためには自動化技術の開発はもちろんですが、IoTやスマートフォンなどを使って情報を密に集約した、今まで以上のコミュニケーションが必要になってくると思います。一方的なお届けではなく、受取側とのコミュニケーションを密にして相手の状況を把握することで、きめ細かでかつ効率的な配送を実現していく必要がありそうです。

そのためには、スマホなどの普及したネットワーク機器の最大活用と、ネットを使えない高齢者を中心とした買い物弱者に向けても例えば移動販売で訪問した際に画面を見せながら一緒に注文してあげる(そして、一括でお届けする)などの支援型のサービスが、具体的な形は違うとしても実現していくのではないかと思っています。

  • 柴田さん、ちょっとご報告があるのですが。

  • おや、どうしました?ちょっと会議室を取りますね。

  • 少し前から体調悪くて時々お休みをもらってたじゃないですか。実はそろそろ安定してきたのでご報告なんですけど、出産でちょっと長めの夏休みをいただくことになりそうです。

  • それはおめでとうございます。安心してママになれるようにバックアップしていきますね。

  • ありがとうございます。少子化とかさんざん言われているんで、私もちょっと頑張ります。

  • いやいや、そんなことよりまずは自分のことを気遣ってください。無理をしないようにしてください。

  • はい、しばらく休職させてもらって、復帰するのは再来年の4月からになるかもなんですけど。

  • 了解です。お子さんが2歳になる前の3月末までは育児休職できるので安心して育児に専念してください。

  • ところで柴田さんはお子さんの名前っていつ頃決めたんですか?

  • 私ですか?いやかなり前なんで、あんまり覚えてないですよー。産まれてから子どもの顔を見て決めた気がしますね。

  • やっぱり、子供の顔を見て決めるもんなんですね。でも、出産後にすぐに決めきれるか心配でして。女の子だったらかおりんにしようと思ってるんですけどね。

  • かおりん、いいですね。さおりんとかおりんの母子って素敵じゃないですか。でも、好きな芸能人の名前とかにはしない方がいいみたいですよ。

  • 何でですか?

  • 知り合いに、憧れの芸能人の名前を子供につけたらその芸能人が不祥事を起こしてしまって怒ってた人がいます。名前のせいじゃないんですけどね。

  • 芸能人の名前は付けないですよ。昭和の名前も付けないですけどね、道男とか。

  • ほっといてください!今は最新流行の名前でもいつか古くなる時が来るんですよ!

  • さおりん&かおりんはいつまでも最新流行の名前ですからね!

  • そうだといいですね、お子さん大きくなったら物流コラムにかおりんとして登場してもらいましょう!

  • その頃は柴田さんは70代ですよ、何してるんですかね?

  • かおりんが就職するころには物流はどうなってるのかなぁ。

  • まだ名前決めてませんって。

  • あ、そうでした。でも未来があるって素晴らしいですね!

柴田道男(しばた みちお)
NECマネージャー/物流技術管理士
約20年に渡り物流業界を担当。
物流現場の見学は200ヶ所以上にのぼり、製造・プロセスから流通まで幅広い分野の物流現場に精通。物流PKGの企画・管理を含めたお客様向けのソリューション活動を展開中。

バックナンバー

倉庫管理システム(WMS)

ページの先頭へ戻る