ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 物流システムソリューション
  4. 物流コラム
  5. 【第11回】物流の未来技術をご紹介!~働きやすい作業現場作りへ~
ここから本文です。

物流コラム

柴田道男の物流最前線

【第11回】物流の未来技術をご紹介!~働きやすい作業現場作りへ~

※第11回目の物流に関するコラムを柴田道男がお送りします。

柴田さんいよいよ2014年も終わりが近づいてきましたね。物流に関わる皆さんは12月はとても忙しく気の抜けない日々を送られているかと思いますが、新しい年を迎えるにあたって物流の未来について少し夢を見ておきたいと思います。

未来の技術で物流が変わるとしたら・・・? 現在の技術が進化して物流が変革する姿をイメージしてみます。 最近の物流に求められていることは、小口化・多頻度化・短納期化ではないかと思っています。こうした物流へのニーズに沿って新しい技術活用が進んでいくものと仮定してみます。

  1. 新たなトレーサビリティ・・・小口化が進んで、商品単品単位の流通履歴の管理が求められつつあります。バーコードやRFIDの活用に始まって、最新の技術としては画像解析技術があります。前回もご紹介しましたが、NECでは「物体指紋認識技術」の開発に取り組んでおり製造時に登録された個体情報を流通過程で把握しなくても使用場面で特定することが出来るものです。このような技術の活用でさらに簡単で正確なトレーサビリティが実現していくかも知れません。
  2. 高速ネットワークと位置情報・・・多頻度化が進む中で、商品がいまどこにあるのか?ドライバーはどこにいるのか?を瞬時に特定するニーズがますます高まっています。ドライバーには気の毒な気もしますが、数センチ単位の高精度の位置把握と高速ネットワークの進化により、トラックから降りたとか納入先の敷地に入ったとかの細かな情報の把握が可能になります。納入先の画像や動画データなどが瞬時に送受信できるので、より精密な情報を集められるようになります。
  3. SCM最適化・・・短納期化に対応するには動きにムダのない物流網を構築する必要があります。商品やパレットにセンサデバイスを取り付けて、このデバイスが位置情報などを自発的に発信することで、SCM全体での在庫や輸配送状況を把握することが可能になります。安価でバッテリーの持続性の高いセンサ開発により、SCMを俯瞰して見られる仕組みの構築が可能になります。
作業する人の負荷を減らしつつ、自動的に新しい技術で情報を集め最適化する仕組みが未来の技術として活躍するのではないでしょうか。面倒な仕事を機械に押し付けながら、気持ちよく働ける仕事を増やしていけるといいですね!

  • 柴田さん、街はすっかりクリスマスですね!

  • そう!私の村にもクリスマスがやって来たよ!

  • 村?どこの村ですか??

  • いま、はまっているゲームのこと。

  • 村を作るゲームなんてやってるんですか??

  • そう、実はね。息子とのコミュニケーション強化のために初めてスマホゲームをやってみたんだけど、意外と面白いんだよ。
    村がどんどん強くなるんだよね。

  • は、はあ。ちょっとゲームとかわからないんで。

  • 仕事してても、「やばい、この瞬間に村が襲撃されてるかも?!」って不安になるよ。

  • 重症ですね。でも、そのおかげで断絶している息子さんとの会話が復活してるとか?

  • その通り!毎晩、村の作り方を教わっているんだよ。
    まだ息子が小さいころ、サンタさんにゲーム機のプレゼントをお願いするって言いだした時に、「サンタさんにそんな高いものは頼んじゃいけないよ」と言って説教して諦めさせたのを思い出したよ。
    しかもその次の日にゲーム機と同じ額を一晩の飲み代で使ってしまったなー。悪いことしたなー。

  • ひ、ひどい父親ですね!

  • えへ、現在その罪滅ぼし中!
    さおりんも今年のクリスマスはサンタさんがプレゼントくれるのかい?

  • ええ、まあね。

  • お、ついに?!さおりんのサンタさん登場?!

  • でも、今年のプレゼントに何をくれるかで来年以降もサンタさん扱いするかどうか見極めますよ!

  • 厳しいな。「サンタさんにそんな高いものは頼んじゃいけないよ!」

  • 一晩の飲み代より高いものは要求します!

  • そりゃそうか。そのサンタさんが来年も続くように祈っておきます。
    そして急なキャンセルとかで物流のひとに迷惑かけないようにね。

  • よけいなお世話ですっ!

「物体指紋認証技術」のニュースはこちら
NEC、世界初の「物体指紋認証技術」を開発

柴田道男(しばた みちお)
NECマネージャー/物流技術管理士
約20年に渡り物流業界を担当。
物流現場の見学は200ヶ所以上にのぼり、製造・プロセスから流通まで幅広い分野の物流現場に精通。物流PKGの企画・管理を含めたお客様向けのソリューション活動を展開中。

倉庫管理システム(WMS)

ページの先頭へ戻る