ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OpenStack製品
  4. サポートサービス
ここから本文です。

OpenStack製品 - サポートサービス

サポート内容

内容 Linuxサービスセット
RHEL OpenStack
Linuxサービスセット
RHEL OpenStack -EX-
レスポンスサービス 技術問合せ 設定、操作、機能に関する問合せに対応(*2)
障害対応 出力メッセージや現象から調査、ハードウェアとの問題切り分け支援。
過去の対応事例やディストリビューターの公開情報を調査し、障害原因と回避策・対応策を提示。
発生事象に該当する事例がない場合、当方の判断でエスカレーションを実施。
エスカレーションによりディストリビューターから得られた回答を報告。 (エスカレーションとは別に)NECのLinux技術者が公開情報の調査に加え、対応可能な限りの問題調査・解析を実施。
ディストリビュータから得られた回答内容と、NECのLinux技術者による調査・解析の結果から、より確度の高い障害原因を報告、回避策・対応策を提案。
問合せ受付時間(*1) 平日8:30~17:30 平日8:30~17:30または24時間365日
問合せ方法 電話(フリーダイヤル)/Webサイト/電子メールでの問い合わせが可能
特別延長サポート - ディストリビューターのサポート期間終了後、NECの保有するスキル・ナレッジによりサポートを提供
インフォメーションサービス 情報提供 検証評価に関する情報やFAQをお客様専用サイトに公開。ご希望のお客様には修正公開の情報を電子メールで通知。
セキュリティ情報メールの配信
アップデート手順の提供
ライセンスサービス 修正物件の取得 ディストリビューションごとに指定されたWebサイトよりセキュリティアップデート/バグ修正を取得、適用可能。自動アップデートも可能。(*3)
  • (*1)

    「平日8:30~17:30」は、月曜日~金曜日の8:30~17:30(国民の祝日、国民の休日および弊社の指定する休日を除く)。「24時間365日」は時間制限ございません。

  • (*2)

    プログラム開発、またはその支援業務、システム設計、ネットワーク設計、および開発業務はこのサービスの対象外です。

  • (*3)

    アップデートにはサブスクリプションの登録手続きが必要です。

サポート対象ゲストOS

Red Hat OpenStack Platform 10

Red Hat OpenStack Platform 10では、下記のゲストOSの動作をサポートします。

  • RHEL5.11
  • RHEL6.6以降
  • RHEL7.1以降
  • RHELは、LinuxサービスセットRed Hat OpenStack Platform由来のものを対象とします。
  • Windows等、上記以外のゲストOSへの対応については弊社担当営業までご相談ください。

サポートサービス対象コンポーネント

Red Hat OpenStack Platform 10

コンポーネント rpm パッケージ名 備考
Director rhosp-director-* CLI のみ (*1)
Dashboard openstack-dashboard-*  
Identity openstack-keystone-*  
Networking openstack-neutron-* Open vSwitch (*2)(*3), Linux Bridge (*4)
Block Storage openstack-cinder-* iSCSI LVM (*5), NFS, Ceph (*6)(*7)
Compute openstack-nova-*  
Image openstack-glance-*  
Telemetry openstack-ceilometer-*,
openstack-aodh-*,
openstack-gnocchi-*
 
Object Storage openstack-swift-* Image 格納、backup 用途のみ
Orchestration openstack-heat-*  
  • (*1)Web UI は機能が限定的となっているため CLI の使用が必須となります。そのため基本的に CLI のみをサポートいたします。
  • (*2)Open vSwitch DPDK はサポート対象外です。ご利用ご希望の場合は弊社担当営業までご相談ください。
  • (*3)Single Root I/O Virtualization and Sharing(SR-IOV) のご利用はサポート対象外です。ご利用ご希望の場合は弊社担当営業までご相談ください。
  • (*4)将来のバージョンで廃止予定となっておりますので、ご利用はお勧めいたしません。
  • (*5)iSCSI LVM はシングルノードで構築した検証環境のご利用のみサポートいたします。 商用環境でのご利用はサポートいたしません。商用環境では各社が提供するストレージおよび Cinder プラグインをご利用ください。
  • (*6)別途 Red Hat Ceph Storage の購入が必要です。Linuxサービスセット含め、OEM版のRed Hat OpenStack Platform には評価用のRed Hat Ceph Storage は含まれておりませんので、ご留意願います。
  • (*7)Director による Red Hat Ceph Storage のインストールはサポート対象外です。Red Hat Ceph Storageのインストール手順に従って Ceph のインストール、および OpenStack との連携設定を実施してください。

ゲストOSとして動作するRed Hat Enterprise Linux 6 / 5

用途 RHEL6 RHEL5
基本ソフト Linux Kernel kernel(*1)
運用ソフト NFS nfs-utils
Web Server (*i) httpd
Mail Server sendmail(SMTP)
dovecot(pop3含む)
FTP Server vsftpd
DNS Server bind
Telnet Server telnet-server
DHCP dhcp
ファイル共有 samba
Cache Server squid
TCPフィルタリング tcp_wrappers
時刻調整 ntp
SNMP net-snmp
セキュアシェル openssh-server
ファイアウォール iptables
ディスク制限 quota
ログ関連 rsyslogd
logwatch
logrotate
syslogd
logwatch
logrotate
  • (*1)kernelには、動作させるハードウエア上で必要となるドライバをサポート対象として含みます。

ゲストOSとして動作するRed Hat Enterprise Linux 7

用途 RHEL7
基本ソフト Linux Kernel kernel(*1)(*2)(*3)
System and Service Manager systemd
運用ソフト Logical Volume Manager lvm2
NFS nfs-utils
Web Server (*i) httpd
Mail Server postfix(SMTP)
sendmail(SMTP)(*4)
dovecot(IMAP/POP3)
FTP Server vsftpd
DNS Server bind
DHCP dhcp
ファイル共有 samba
Cache Server squid
TCPフィルタリング tcp_wrappers
時刻調整 ntp
chrony
SNMP net-snmp
リモートアクセス(*5)
セキュアシェル
openssh-server(SSHサーバ)
openssh-clients(SSHクライアント)
ファイアウォール iptables
firewalld
ディスク制限 quota
ログ関連 rsyslog
logwatch
logrotate
  • (*1)

    kernelには、動作させるハードウエア上で必要となるドライバをサポート対象として含みます。

  • (*2)

    ファイルシステムは、実績ある ext4 および XFS (スケーラビリティに優れている) をサポートします。Btrfs は、まだ商用利用実績に乏しいため、サポート範囲外とさせて頂きます。

  • (*3)

    ネットワークインタフェースの冗長化は、実績ある Bonding の各モードをサポートします。TeamDriver は、サポート範囲外とさせて頂きます。

  • (*4)

    Red Hat社は、sendmail は非推奨であり、今後のバージョンからは削除される可能性があるとしています。このため、基本的に postfix をご利用ください。また、弊社では、RHELの次期バージョン以降では、sendmail のサポートを提供しない予定です。

  • (*5)

    telnet, rsh, rcp 等は、通信が暗号化されず情報漏洩の原因となるため、sshをご利用ください。telnet, rsh, rcp は、サポート範囲外とさせて頂きます。

  • (*i)

    表内のソフト名はディストリビュータが提供するパッケージ名に基づきます。
    RHELで提供するhttpdはApache HTTP Serverです。

  • 各ソフトウェアは、OSに付属のものを対象とします。

サポートサービス対象コンポーネント

Red Hat OpenStack Platform 10 のサポート期限は、2019年12月16日を予定しております。
別途 Extended Lifecycle Support (ELS) をご購入頂くことにより、最大 2021年12月 までサポート期間を延長することが可能です。
(ただし、2017年9月現在、ELSの詳細はRH社未発表です。)

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る