ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. Enterprise Linux with Dependable Support
  5. 製品体系/価格
ここから本文です。

製品体系/価格

ClassとGrade

Enterprise Linux with Dependable Supportでは、2つの「Class」と4つの「Grade」を定義しています。

Classの定義

サーバの機種により2つの「Class」を定義していますが、現行のEnterprise Linux with Dependable Support対応サーバは全てClass2対応です。
Class2では、Class1よりもさらに可用性の高いLinuxプラットフォームを実現可能です。

Gradeの定義

ハイエンドXeonサーバに搭載する物理CPU数に応じ、4つの「Grade」を定義しています。

1CPUの場合は「G1」、2CPUの場合は「G2」、3~4CPUの場合は「G3」、5~8CPUの場合は「G4」のGradeが対応します。

製品の機能と構成

図の右側は製品構成を、左側は製品機能を表しています。それぞれの対応を矢印で示しています。

(※)少なくとも1枚のMC SCOPE CDメディアが必要。

「Enterprise Linux with Dependable Support」製品は、Linux OSおよびMC SCOPEの性能分析ツール、保守診断ツール、サーバ管理基盤(Class2のみ)を提供します。
各オプション製品は、それぞれのオプション機能およびサポートを提供します。

必要数量

「Enterprise Linux with Dependable Support」製品は、サーバの機種及びCPU数に応じて、物理サーバ1台につき1本を購入してください。
「MC SCOPE リソース管理基盤オプション」製品は、1CPUにつき1本を購入してください。
その他のオプションについては物理サーバ1台につき1本を購入してください。

「いずれも、CPU数はソケット数で数えます。CPUのコア数やHT機能の有無は影響しません。

メディア

Enterprise Linux with Dependable SupportにはCD-ROM/DVD-ROMのメディアは添付していません。
Red Hat Enterprise Linux のインストールメディアについてはRed Hat Networkからイメージをダウンロードすることが可能ですが、別売りのメディアキットもご用意しています。
MC SCOPEのインストールにはメディアキットが必要です。少なくとも1枚のMC SCOPEメディアキットをご購入ください。

製品一覧

各製品の価格およびサポート料金につきましては、弊社営業または末尾お問い合わせボタンにてお問い合わせください。

Enterprise Linux with Dependable Support (標準時間サポート)

Red Hat Enterprise Linux 6

型番 製品名 CPU数
UL4666-H015 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G1用) 1
UL4666-H016 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G2用) 2
UL4666-H017 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G3用) 3~4
UL4666-H018 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G4用) 5~8

Red Hat Enterprise Linux 7

型番 製品名 CPU数
UL4666-H021 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7))(Class2/G1用)(標準時間) 1
UL4666-H022 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7)(Class2/G2用)(標準時間) 2
UL4666-H023 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7)(Class2/G3用)(標準時間) 3~4

ページの先頭へ戻る

Enterprise Linux with Dependable Support (24時間365日サポート)

Red Hat Enterprise Linux 6

型番 製品名 CPU数
UL4666-J015 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G1用)(24H365D) 1
UL4666-J016 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G2用)(24H365D) 2
UL4666-J017 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G3用)(24H365D) 3~4
UL4666-J018 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL6)(Class2/G4用)(24H365D) 5~8

Red Hat Enterprise Linux 7

型番 製品名 CPU数
UL4666-J021 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7)(Class2/G1用)(24H365D) 1
UL4666-J022 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7)(Class2/G2用)(24H365D) 2
UL4666-J023 Enterprise Linux with Dependable Support (RHEL7)(Class2/G3用)(24H365D) 3~4

ページの先頭へ戻る

MC SCOPE リソース管理基盤オプション

型番 製品名
UL4667-H002 Enterprise Linux with Dependable Support (MC SCOPE リソース管理基盤オプション)(1CPUライセンス)(1年間保守付き)
UL4667-J002 Enterprise Linux with Dependable Support (MC SCOPE リソース管理基盤オプション)(1CPUライセンス)(1年間保守付き)(24H365D)

リソース管理基盤はRHEL5・RHEL6向けのオプション製品です。
リソース管理基盤が提供している機能は、RHEL7ではOSが標準的に提供するカーネル機能(cgroup)によって実現が可能になっています。

ページの先頭へ戻る

MC SCOPE ZPERFオプション

型番 製品名
UL4667-H014 Enterprise Linux with Dependable Support (MC SCOPE ZPERFオプション)(1ノードライセンス)(1年間保守付き)
UL4667-J014 Enterprise Linux with Dependable Support (MC SCOPE ZPERFオプション)(1ノードライセンス)(1年間保守付き)(24H365D)

ZPERFはその性質上、対応するカーネルバージョン・CPUが限られています。
対応するカーネルバージョン・CPUにつきましては、必ず事前に弊社担当営業までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

メディアキット

型番 製品名
ULA4300-917 Linux メディアキット(Red Hat Enterprise Linux 6.2 版)
ULA4300-921 Linux メディアキット(Red Hat Enterprise Linux 6.4 版)
ULA4300-923 Linux メディアキット(Red Hat Enterprise Linux 6.5 版)
ULA4300-925 Linux メディアキット(Red Hat Enterprise Linux 6.6 版)
UL4667-001 Enterprise Linux with Dependable Support (MC SCOPE CDメディア)

ページの先頭へ戻る

AUSオプション

AUSは、特定マイナーリリースの修正を継続的に長期提供することで、RHELの安定重視・長期使用を実現するオプション製品です。
詳細はこちらをご参照ください。

型番 製品名 CPU数
UL4667-H003 Enterprise Linux with Dependable Support (AUSオプション/G1/G2用) 1~2
UL4667-H004 Enterprise Linux with Dependable Support (AUSオプション/G3用) 4
UL4667-H005 Enterprise Linux with Dependable Support (AUSオプション/G4用) 8

AUSの内容に加え、緊急性の高い問題についての修正を迅速に提供する「AMCオプション」もございます。詳しくは担当営業までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

SJISサポートオプション

通常、RHELでサポートされる文字コードはUTF-8のみです。SJISオプションでは、日本語文字コードとしてSJISのサポートを提供します。
SJISを使用していたシステムからのマイグレーションや、SJISのデータを扱うシステムなどにご検討下さい。

型番 製品名 CPU数
UL4667-H009 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G1/G2用) 1~2
UL4667-H010 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G3用) 4
UL4667-H011 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G4用) 8
UL4667-J009 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G1/G2用)(24H365D) 1~2
UL4667-J010 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G3用)(24H365D) 4
UL4667-J011 Enterprise Linux with Dependable Support (SJISオプション/G4用)(24H365D) 8

ページの先頭へ戻る