ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ことはじめ・インターネット
  3. インターネットを楽しむ
  4. ほしいものをオンラインで手に入れる
ここから本文です。

インターネットを楽しむ

ほしいものをオンラインで手に入れる

いつでも欲しいものが買える、自宅に届けてくれるが魅力

インターネット上にあるお店に商品を注文し、宅配便で届く仕組みをネットショッピング、またはオンラインショッピングと呼びます。日本各地の名産品や人気の商品など、欲しいものを実際の店舗に行かなくても24時間いつでも注文でき、重いものや大きいものでも自宅まで届けてくれる便利さが、ネットショッピングの魅力です。

インターネット上のお店には大きく分けて2種類あります。1つはメーカーや商店が、独自のネットショップを運営するタイプです。メールマガジンなどによってお客さんとのコミュニケーションを取りやすいため、イベントやキャンペーンの告知によってファンやリピーターとの結びつきが強いお店が多い傾向があります。

もう1つは、多くの店舗が軒を連ねることでさまざまな商品を一手に揃える「電子商店街」、いわゆるモールです。欲しい商品をモール内で検索すれば、たちどころに最も安く商品を販売しているお店が分かる利点があります。またモール共通のポイントがあり、モール内の別の商店で利用できるメリットもあります。

これらネットショッピングの代金支払方法は、クレジットカードや銀行振込、郵便振替、代金引換、コンビニ支払い、電子マネー決済など多彩ですが、店舗や商品によって対応している方法が異なりますので、確認が必要です。

「ネットオークション」は「ウェブ上のフリーマーケット」

インターネット上で商品を競売にかけるのがネットオークションです。店舗がなくとも個人で出品することができるため、ウェブ上のフリーマーケット的存在として多くの方が利用しています。
扱っているものは新品から新古品、中古、アウトレット、限定アイテムや懸賞品などいろいろです。オークションなので購入希望者が価格を入札し、最も高い値段を付けた人が購入の権利を得ます。入手が難しい商品に購入希望者が多数集まり、値段がつりあがる半面、新品が定価よりも安く手に入ることもあります。

現在では大手のオークションサイトがいくつもあり、独自のイベントやサービスで人気を集めています。またチャリティーオークションなど、社会貢献を兼ねて著名人が私物を出品することもあります。

銀行に行かなくとも、振込ができるネットバンキング

ネットショッピングやオークションを利用するときなどに便利なのが、ネットバンキングです。商品を購入・落札して代金を所定の銀行に振り込む場合、これまでは銀行の窓口やATMに出向く必要がありました。ただ最近ではネットバンキングに登録をしておけば、24時間いつでもパソコンなどで送金の手続きを行うことができます。

最近は実際の店舗を持たない専業のネット銀行も複数あり、インターネットでの利用に特化したサービスが注目されています。


インターネットを知る

インターネットを学ぶ

ことはじめ・インターネット INDEX

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る