ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ことはじめ・インターネット
  3. インターネットを楽しむ
  4. 接続できる機器はさまざま
ここから本文です。

インターネットを楽しむ

接続できる機器はさまざま

パソコン以外でインターネットに接続できる機器が急増

これまでインターネットはパソコンを使って接続するのが一般的でしたが、スマートフォンやタブレットなどモバイル機器の登場によって、現在はインターネットの利用方法が多様化しました。キーワードは、「戸外で移動しながら高速通信」と言えます。

たとえばあいた時間に対戦ゲームで時間つぶしをしたり、外出先で道に迷って地図を表示し目的の場所までの道を調べたり、バスや電車で移動しながら動画を楽しんだり。そんなことすべてが、スマートフォンやタブレットを使ってインターネットにアクセスすることで可能になりました。

インターネットを“身につける”時代

このように、いつでもどこでもインターネットを利用できるモバイル機器ですが、近頃ではインターネットにつながる腕時計やリストバンド、さらには眼鏡や衣服まで登場しています。こうした機器は「ウェアラブル端末」と呼ばれ、“手で持つ”のではなく“身につけて”利用します。

腕時計型であれば、移動した経路や歩数をインターネット上に記録して健康管理に生かしたり、眼鏡型であれば、画面を兼ねたレンズに3Dマップを表示、目の前の景色に重ね合わせてナビゲーションシステムとして使ったり、といったイメージです。

インターネットに接続する「スマート家電」

インターネットに接続し、スマートフォンなどの端末と連携する機能を備える家電を「スマート家電」と呼びます。まさにインターネット時代の新しい家電です。たとえば冷蔵庫では、外出先からスマートフォンで庫内に何があるか確認できたり、使用状況をセンターとの通信によって自動制御しエネルギー消費を抑えたり。エアコンでは、専用のアプリを使ってスマートフォンから操作、家に帰る前に快適な温度に調節しておくことができたりします。ゆくゆくは家にある家電全体がインターネットを通じて連携するような「スマートハウス」という時代が来る、という予測をする人もいます。


高速化するインターネット

ことはじめ・インターネット INDEX

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る