ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ことはじめ・インターネット
  3. インターネットを知る
  4. つながるためのプロトコル(約束ごと)
ここから本文です。

インターネットを知る

つながるためのプロトコル(約束ごと)

役割に応じて存在するプロトコル

ネットワーク上ではコンピュータからコンピュータへ情報をやり取りするために、形式や手順が取り決められています。それを「プロトコル」と呼んでいます。インターネットに限らず、ネットワーク上でどのように情報をやり取りするのか決めておかないと、途中で情報が途切れたり、違う場所へ送られてしまうトラブルが起こりかねません。

たとえばインターネットで調べたいキーワードがある時、パソコンを起動してインターネットに接続、検索サイトでキーワードを入力後検索ボタンを押す……。これらの行動一つひとつが正しく出来るのには、それぞれの動作に対応するプロトコルがあるからにほかなりません。

インターネットで使われるプロトコル

インターネットで使われる基本的なプロトコルは、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)と呼ばれるもので、TCPとIPという2つのプロトコルが同時に使われます。

情報を相手に送信する場合、データは通り道となるネットワークに向けて小包(パケット)にして送り出されます。わざわざ小さく分けるのは、効率を良くするための工夫です。これは引っ越しも同じです。家財道具をひとつの箱に入れたのでは大きくて重いため運べません。梱包を小分けにして運びやすくするのです。

この時、情報の発信地から目的地までのネットワークの道筋を探し出し必要な段取りをするのがIP、目的地に到着してから小包を再び元の形に戻したり、情報が届いたか確認したりするのがTCPの役割です。

ただ、TCP/IPは万能ではなく、それだけではインターネットで検索を利用したり、eメールの送受信をすることは出来ません。より細かい取り決めが必要となります。そこで、ウェブサイトを閲覧する場合にはHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)、電子メールを送信・転送するためにはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)を使用します。このように、それぞれのソフトウェアによって使用するいくつかの共通の決まり事がインターネットを成立させているのです。


インターネットを楽しむ

インターネットを学ぶ

ことはじめ・インターネット INDEX

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る