ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ことはじめ・インターネット
  3. インターネットを学ぶ
  4. 安全を守るための対策
ここから本文です。

インターネットを学ぶ

安全を守るための対策

ID、パスワードの管理は慎重に

ログインして利用するウェブサイトが増えれば増えるほど、IDやパスワードを入力する機会が増えてきます。IDとパスワードをどのサイトでも同じ内容にしていた場合、1つのサイトのIDとパスワードが他人に知られてしまうと、他のサイトでもログインされてしまいます。できるだけ各サイトのIDやパスワードは変えるようにしましょう。

セキュリティ対策はインターネットを利用するなら必須

インターネット上では日々新しいコンピュータ・ウイルスやスパムウェアが出回り、多くのユーザーが被害を受けています。そんなトラブルに巻き込まれないよう、セキュリティ対策を出来るだけしっかりと行いましょう。ウイルス対策ソフトやパーソナルファイアウォールをインストールすることによって、有害なコンピュータ・ウイルスやスパムウェアの脅威からパソコンを守ることができます。かならず対応しておき、不測の事態に備えましょう。

メールの暗号化とSSL

世界中の人々と簡単に文字のやりとりが出来るメールですが、外部から内容を読み取られたりする可能性もあります。大事な文章には必要に応じて暗号化することも重要です。暗号化の方法の一つにSSL(Secure Sockets Layer)があり、メールを送受信するメーラーソフト上で設定することができます。重要なメールを送る際には設定をしましょう。

ファイル共有ソフトの危険性

インターネットの高速化が進んだことにより、データのやりとりを気軽に行えるようになりましたが、危険なファイルを共有するP2Pソフトウェアが出現し、一時マスメディアなどでも問題となりました。

P2Pソフトウェアをインストールすると、自動的にコンピュータの中にあるファイルがソフトウェア上で共有され、他の利用者のファイルも取得できてしまいます。公開するつもりのないファイルがアップロードされたり、逆にウイルスに感染したファイルをダウンロードしてしまう場合もあります。意図せず著作権を侵害してしまう可能性もありますので、P2Pソフトウェアのインストールは行わないようにしましょう。


インターネットを知る

インターネットを楽しむ

ことはじめ・インターネット INDEX

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る