ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」
  4. 製品担当者の声
  5. コンビニ交付システム
ここから本文です。

コンビニ交付システム

その他、企画時点の苦労話や、導入後のお客様の反響、今後の抱負などについては地方自治体情報システム研究会 会員専用ページでご紹介しています。
会員様はコチラ

Q1担当している業務内容を教えてください。
A1総合行政支援ソリューションの企画・販売支援を担当しております。

具体的には地方公共団体職員の方には窓口業務の効率化を図っていただくと共に、住民サービスを更に手厚く行っていただけるお手伝いをさせていただきます。また、住民の方にも窓口での申請手続がライフスタイルの変化に伴い「いつでも」「どこでも」「短時間で」「簡単に」行っていただけるような環境を整備させていただいております。

Q2担当製品のアピールポイントはどこですか?
A2担当している「総合行政支援ソリューション」は、証明書自動交付システム、コンビニ交付システム、総合証明書窓口交付システム、庁内電子申請システム、行政CRMシステムで構成されています。

H22年12月にコンビニでの証明書交付や自動交付機による証明書交付を行っていただける製品(=コンビニ交付システム)を新製品としてリリースいたしました。

コンビニで証明書を交付いただくための仕組みを製品化したのは現時点(※)では弊社のみとなります。製品化することで、個別SIで対応した場合よりもコスト面など地方公共団体の方にとってメリットを感じていただけると考えております。

また、住民の方がATM等を扱っていただけるような感覚で、証明書を発行できるような分かりやすいデザインと操作性も大きな特長です。

(ご参考:1)
http://www.nec.co.jp/kokyo/GPRIME/products/_nc_/gprime_conveni_deliv.pdf
(ご参考:2)
http://www.sej.co.jp/corp/news/2009/pdf/122101.pdf
※ H22.2月時点
Q3企画からリリースまでの間で苦労したことは何ですか?
A3こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。

会員様はコチラ

Q4企画の際に工夫したところはどこですか?
A4

従来の自動交付機(※1)をご導入済みの地方公共団体がコンビニ交付に参加する際、システム構築にかかる負担が極力少なくて済むよう機能を共通化させている点です。団体毎の窓口サービスの変化に柔軟に対応できるよう、システムの拡張性を工夫いたしました。

また自動交付機については、従来以上に住民の方にご利用していただきやすいよう、操作性の向上に力を入れました。自動交付機の装置はすでにユニバーサルデザインを取り入れていたのですが(※2)、今回は画面にもその考えを取り入れ、携帯電話やPC、コンビニATMをデザインしているNEC社内の部門※3と検討し、誰にとっても見やすい画面(文字・色使い・ボタン配置等)としました。

※1 弊社製品SeriolaEnterpriseシリーズの自動交付パッケージ
※2 証明書自動交付機 P-23
※3 NECデザイン&プロモーション株式会社
Q5製品の一番のこだわりを教えて下さい。
A5

お使いいただく職員の方の「窓口業務の負荷を軽減」し、サービスを受けられる住民の方々が「今まで以上にもっと便利になった」と感じていただけることが私共の一番の醍醐味と考えています。

運用面や機能面、操作性などについて、実際にお使いいただく方々を配慮し、いかに使いやすくなるかを重視して、世の中にご提供していくことを製品企画の真髄としております。
Q6導入(稼動)後のお客様の反響はどうですか?
A6こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。

会員様はコチラ

Q7製品担当者として、今現在取り組んでいることを教えて下さい。
A7こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。

会員様はコチラ

Q8今後の取組み予定(抱負)を教えて下さい。
A8こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。

会員様はコチラ

Q9最後に、NECへ期待して下さっているお客様へひとこと!
A9NECでは、お客様の実現したい窓口スタイルや業務スタイルに合わせて、必要な各種製品を選択いただくことが可能であり、トータルなご提案をさせていただきます。限られた行政リソースの中で、ライフスタイルの変化に伴い新たな行政サービスへの期待が高まる近年において、豊富な実績とソリューションを兼ね備えるNECへ是非ともご相談いただき、地方公共団体の皆様の課題解決に向けてお力になれれば幸いです。

ページの先頭へ戻る