ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」
  4. 製品担当者の声
  5. GPRIME人事給与システム
ここから本文です。

GPRIME人事給与システム

その他、企画時点の苦労話や、導入後のお客様の反響、今後の抱負などについては地方自治体情報システム研究会 会員専用ページでご紹介しています。
会員様はコチラ

Q1担当している業務内容を教えてください。
A1地方自治体様で使っていただく人事給与システムの企画・営業支援等を担当しています。また、お客様先で実際のシステムを使ってのデモンストレーションも行なっています。
Q2担当製品のアピールポイントはどこですか?
A2私達が担当しているのは、平成20年10月にリリースしたGPRIME人事給与システムです。製品の特長としては、以下のことが挙げられます。
  • Web型システム
  • データ移行ツールの標準実装
  • 簡単な操作で利用できるEUC機能の充実
  • Microsoft社との協業(自治体様向けパッケージとしては初)
  • 利用者目線で、操作性/機能性、さらに運用性まで考慮していること
Q3企画からリリースまでの間で苦労したことは何ですか?
A3こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。
会員様はコチラ
Q4企画の際に工夫したところはどこですか?
A4実際にデータベース・言語・ツール類をMicrosoft社で統一し、今後のバージョン管理が容易に行えることを考慮しました。

また、機能を充実させると同時に、実業務に即したシステム構成にした点も工夫した点の一つです。

Q5製品の一番のこだわりを教えて下さい。
A5

「お客様第一で考えられたシステム」であることです。

GPRIME人事給与システムは、実際に使う方(職員)の立場に立って設計をしたシステム構成になっております。機能はもちろん、操作性や運用面を考慮したシステムです。

さらにコスト面においても、導入後のランニングコスト(例:人事院勧告対応等)をいかに縮減し、コストを抑えられるかを追及しました。

Q6導入(稼動)後のお客様の反響はどうですか?
A6こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。
会員様はコチラ
Q7製品担当者として、今現在取り組んでいることを教えて下さい。
A7こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。
会員様はコチラ
Q8今後の取組み予定(抱負)を教えて下さい。
A8こちらは地方情報システム研究会会員様のみご覧いただけます。
会員様はコチラ
Q9最後に、NECへ期待して下さっているお客様へひとこと!
A9

GPRIME人事給与システムは、機能も豊富で画面構成にもこだわった最新のパッケージシステムです。

人事給与システム単独としてご提案させていただくのはもちろんのこと、統合庶務管理システムや財務情報システム、文書管理システムと組み合わせた統合内部ソリューションとして、トータルでのソリューションをご提案させていただきたいと考えております。それにより、自治体の皆さまには「限られたリソース」を最大限にご活用いただくことが可能になり、より一層の業務効率化を図っていただくことで自治体様全体の行財政改革にも貢献できると考えております。

当社の豊富なソリューションにご興味いただけましたら是非お問合せください。お待ちしております。

ページの先頭へ戻る