ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ソリューション・サービス > 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」 > 導入事例 > 山梨県内6市町 コンビニ交付/自動交付 共同利用・共同運用事例
地方自治体情報システム研究会[会員様限定]
NECのクラウド
NECの事業継続・エネルギー対策
ページ共通メニューここまで。

山梨県内6市町 コンビニ交付/自動交付 共同利用・共同運用事例

山梨県内6市町※(甲州市・韮崎市・笛吹市・富士吉田市・富士河口湖町・南アルプス市)で、ICカード標準システムの共同利用とコンビニ交付対応パッケージで構築した証明書発行サーバの共同運用によりコンビニ交付サービスと自動交付機の証明書広域交付を実施。

※自動交付機は、富士河口湖町除く5団体で実施。

※ICカード標準システム:住民基本台帳カードを利用した住民サービスの提供を可能とする標準的なシステム。財団法人 地方自治情報センターが提供。

※コンビニ交付:住民基本台帳カードを利用して、住民票の写し・印鑑登録証明書をコンビニエンスストアで取得できるサービス。

※証明書発行サーバ:コンビニエンスストア等で証明書の交付を可能とするために必要な機能(証明書データのPDF化・規定された電文応答プログラム等)を備えたサーバ 。

イメージ

特長

共同運用によるコスト削減および職員の負荷軽減

既存のICカード標準システムの共同利用による導入期間の短縮とコスト削減

コンビニ交付と自動交付機の証明書広域交付による、居住エリアを越え住民の生活エリアでのサービス提供

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.