ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」
  4. ソリューション一覧
  5. 統合基盤・決裁基盤
ここから本文です。

統合基盤・決裁基盤

概要

高度化・複雑化していく業務システムを管理統制し、より便利に、より安全な業務システム環境を提供します。

例えば、様々な業務システムの構築シーンを想定し、業務システムの管理統制を進めるための権限管理、認証、決裁、ワークフローを実現。運用面においても、全体最適化を図ります。

機能群はサービスレベルでの拡張が可能であり、マルチベンダ環境でも利用可能なインタフェースを提供します。

構成イメージ

特長

  • 豊富な連携インタフェース(ESB、SOA)で様々なシステム連携を実現
  • 煩雑なシステム運用を運用支援・監視ツールで自動化
  • シングルサインオン、認証機能により業務システム全体の安全性向上
  • 電子決裁や業務ポータルにより業務情報の流れを統制

機能

統合基盤

  • 数多くご導入いただいている「電子自治体基盤」を拡張、強化しました。
  • SOA、ESBなどの手法を活用し、他システムとの連携を実現します。
  • 地域情報プラットフォームに対応し、マルチベンダ環境での情報連携を支援します。
  • 様々なセキュリティシステム群と連携し、安全便利な業務システム環境を提供します。
  • 職員情報や業務情報を一元管理することで、快適な業務システム運用を実現します。

決裁基盤

  • 標準連携インタフェースにより、様々な業務システムで決裁業務を共通化できます。
  • 遅延している決裁業務をシステムが判断し、電子メールと連携して督促します。
  • 回付先を所属や役職にも設定できるので、柔軟に決裁業務へ対応します。
  • 電子決裁、紙決裁の混在運用にも対応し、決裁業務をスムーズに運用できます。
  • 決裁業務の進捗を関係する職員内で共有することで、業務停滞や不明文書を削減していきます。

ページの先頭へ戻る