ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」
  4. ソリューション一覧
  5. 図書館ソリューション
ここから本文です。

図書館システムLiCS-WebII

概要

先進技術でサポートする、簡単でわかりやすい図書館業務システムです。窓口業務から管理業務まで必要な機能をオールインワンでご提供し、利用者の利便性向上と図書館業務の効率化を強力にご支援します。LiCS-Webは発売以来、市立図書館から県立図書館まで幅広い図書館で採用されており、ユーザーカスタマイズ機能を活用してさまざまな運用に柔軟に適応することが可能です。

LiCS-WebIIイメージ

機能

図書館業務システム

特長

  • 利用者への対応向上とカウンターの効率化
    貸出/返却業務・資料検索方法・予約/督促連絡業務を効率化し、利用者への対応向上  と窓口業務の改善を支援します。
  • 内部事務効率化
    内部事務の中心である書誌情報の修正・典拠管理・資料情報修正・帳票管理業務の 効率化を実現するために、職員の方の操作性を重視した機能を備えています。
  • 分館との連携
    他の図書館から簡単に効率よく資料を取り寄せられるように、充実した物流管理機能をご用意しています。
  • 周辺自治体との図書館連携
    周辺自治体と、相互貸借サービスによる貸出を行うとき、貸借依頼設定から返送ま でを一連で管理することができます。

利用者向け情報システム(OPAC)

蔵書検索機能、Web申請機能、利用者一人一人のための情報サービスの3つを統合した 総合的な利用者向け総合システムです。従来のOPACに多彩な新機能を加え、魅力的な図書館サービスの提供が可能になります。また、館内のOPAC端末やインターネットだけでなく、携帯電話やスマートフォンからのご利用も可能になり、利用者の利便性向上を実現できます。

特長

  • 利用者一人一人のための情報サービス
    利用者個人ごとに専用ページ(マイライブラリー)を持つことができます。マイライブラリーでは、貸出中の資料の確認やお気に入りの本の登録(マイブックリスト)、新着情報のメール受信等、利用者一人一人にあわせた情報提供が可能になります。
  • 多彩な検索機能
    日本十進分類法の分類のほか、図書館が独自に設定したジャンルでの検索が可能です。 また、紙の書籍と一緒に電子書籍も検索でき、電子図書館貸出サービスとの連携もスムーズです。
  • Web申請機能の充実
    Web予約機能では、借りたい本をカートにまとめて一括で予約することができます。借りたい順番を指定できる順番予約機能も備えています。そのほかメールマガジンの配信や貸出延長・予約取消、利用者登録等の手続きもWeb上で簡単にできます。

レファレンス支援システム

レファレンスの申し込みから、回答、事例公開まで総合的にレファレンス業務をサポートします。 レファレンス担当者はワークフローに沿って回答を作成・登録していくだけで、回答の送付や事例データの蓄積・公開が自動的に行われるため、本来のレファレンス業務に専念することができます。レファレンス事例の検索はホームページからも業務システムからも可能で、参考資料情報は蔵書データベースとリンクして容易に参照することもできます。レファレンス事例データの内容は国立国会図書館のレファレンス協同データベースに準拠しており、レファレンス協同データベースへのデータ提供も容易です。

レファレンス支援システムイメージ

座席予約システム

利用者用のPCや学習席の予約・管理を行うシステムです。利用者自身で空き状況の確認 や予約申し込みができます。パスワードによる利用認証や時間管理の機能により、PCの無人管理が可能です。

音声自動応答システム

電話回線を利用して、開館時間や貸出中の資料の情報などを音声で案内するシステムです。システム側から利用者に電話をかけて予約資料の到着などをお知らせする自動連絡機能も備えています。

音声自動応答システムイメージ

ページの先頭へ戻る