ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 地方公共団体向けソリューション「GPRIME」
  4. 自治体クラウド「GPRIME for SaaS」
ここから本文です。

自治体クラウド「GPRIME for SaaS」

お知らせ

Cloud Ranking 2015

日経BP社「第10回クラウドランキング」(日経コンピュータ2015年3月5日号掲載)の「特定業種業務向けSaaS部門」で、「GPRIME for SaaS 内部情報サービス」がベストサービスに選出されました。
※詳細はこちら:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/022000618/

自治体クラウド(GPRIME for SaaS)活用事例

お客様名 対象業務 詳細
水戸市 様 財務会計 詳細
愛知県 豊橋市 様・岡崎市 様 住民情報 詳細
山梨県立図書館 様 図書館システム 詳細
大阪府 大阪狭山市 様 統合内部(財務会計、人事給与、文書管理、電子決裁等) 詳細
静岡県 湖西市 様 財務会計、人事給与 詳細
杉並区立図書館 様 図書館システム 詳細
宮崎県3町(都農町、川南町、高原町)、熊本県錦町 様 基幹業務システム 詳細
前橋市立図書館 様 図書館システム 詳細
大和市立図書館 様 図書館システム 詳細
福岡県糟屋南部3町 様 住民情報、財務会計 他 詳細
山形県置賜地域7市町 様 住民情報、上下水道料金
財務会計、人事給与
詳細
奈良県内7市町 様 住民情報 詳細
山梨県市町村総合事務組合 様 財務会計、コンビニ交付 詳細
神奈川県町村情報システム共同事業組合 様 財務会計、人事給与 詳細

GPRIME for SaaSとは

NECは地方公共団体向けシステム構築の長年の経験やノウハウをパッケージソフトウェア群「GPRIMEシリーズ」に結実させてきました。

昨今、全国の地方公共団体の業務効率化や環境変化への迅速な対応として基幹業務システムのサービス利用が関心を集め、また安心安全な社会の実現に向けてBC/DRの重要性が改めて注目されています。

こうした動向を背景にNECは「GPRIMEシリーズ」のサービス化を行いました。それが、「GPRIME for SaaS」(ジープライム フォー サース)です。

自治体のBC/DRの観点からもクラウドが有効(GPRIME for SaaSの特徴)

信頼性の高いデータセンターの活用や、システム、データのバックアップなどにより、震災や火災など、緊急時における事業継続性を高め、速やかな業務再開をサポートいたします。

重要性を増すBC/DRへの対応

今回の東日本大震災以降、被災地以外の自治体へも、今後起こりうる災害への備えとしてクラウドの関心が高まっています。
実際に震災の被害に見舞われた団体の中にも、サーバ機器やシステム機器をアウトソースされていた団体は、データの消失を免れたというケースがあります。緊急時において、優先的に維持すべき業務やその為に必要なリソースをクラウド化することは、BC/DRの観点からも非常に有効な手段です。

緊急時の速やかな業務再開をサポート!

緊急時からの復旧・復興へ向けた対策においても、クラウドは有効です。
完全なクラウドではなくても、例えば、データを媒体でバックアップしていたり、システム環境をデータとあわせてバックアップしている場合、新たにハードウェアを用意すれば、平常時の業務環境を再現し、早期の復旧が可能となります。また、たとえ基幹システムが使用不可になった場合でも、残った一部の情報から総合窓口業務や証明書発行業務を再開させることも可能になります。

より信頼性の高いデータセンター、バックアップ体制を整備してご提供

ISMSなどの公的セキュリティ基準を満たしたデータセンターで運用し、数多くの住民情報システム構築で培ったノウハウを活かしたセキュアなサービスをご提供します。また、万が一の広域災害を想定し、遠隔地に存在するデータセンター間の相互バックアップや、1次バックアップ、2次バックアップによるリスク分散などの対策も検討しております。

ページの先頭へ戻る