ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 勤怠管理システム「勤革時」
  3. 機能紹介
ここから本文です。

機能紹介 -勤怠管理システム 勤革時

勤怠管理システム「勤革時」の機能をご紹介します。

主要機能一覧

集計機能 あらゆるタイプの時間自動計算サポートで、集計業務の簡素化ができます。
人件費の管理 人件費予算の配分を月次ではなく、必要なタイミングで管理することができます。
便利な出力機能 Excel、CSV、PDF形式で出力が可能です。
また、主要給与システム(CSV取込み可)にも対応しています。
警告機能 「何が異常な勤怠なのか」を定義し、その異常な勤怠を画面上で把握することができます。
例えば、
  • 所定時間が週40時間を越えたら警告する
  • 所定時間+残業時間が週50時間を越えたら警告する
シフト管理 設定されるシフトの時間をパターン化できる場合は、スケジュールパターンを作成できます。出勤・退勤予定時刻、早出・残業の限界時間、固定の休憩時間、フレックス勤務の有無などをパターンとして設定します。
残業管理 普通残業、休日残業、割増残業など、様々な残業計算の基準を、社員、アルバイトなど、就業ルールの違う従業員ごとに設定できます。 残業の申請・承認後に残業時間を反映することもできます。
休暇管理 有給休暇、代休、夏休み、慶弔休暇など、日数をカウントして管理する必要のある休暇を、システムで管理することができます。
申請承認機能 申請承認機能には、
1.スケジュール申請 2.打刻申請 3.残業上限申請 4.勤怠確認申請 5.従業員登録申請の5種類があります。管理者は、承認/棄却を選択するだけで承認作業が行えます。
モバイル対応 携帯・スマートフォンで、いつでもどこでも確認、申請が可能です。
管理者権限機能 「勤革時」の全権管理者は、適切な権限を与えた一般管理者を作成することができます。管理権限は、本部系権限、所属権限、従業員種別権限に分けられ、それぞれ自由な組み合わせで作成することができます。
多様な打刻手段 タイムレコーダーとして多彩な種類の打刻手段をご用意しています。打刻する本人を確認することができる指紋認証、指静脈認証、顔認証などの生体認証や、外出先でも打刻ができる携帯電話(スマートフォン)などいろいろな種類のニーズにお応えします。複数の打刻手段が混在していても、一元管理可能です。
海外対応 事業所や管理者アカウント毎に、表示言語の設定が可能です。 日本語と英語対応をしています。

ページの先頭へ戻る