ページの先頭です。
ここから本文です。

NEC キッズ・テクノロジー・ワールド

ものづくり大研究 クリエイティブ・ラボ 電気の量を測ってみたよ!

目次へ

電気は身近な存在そんざいだけど、目で見ることはできないよね。でも、機械に流れる電流の量を測る道具を使えば、数字で“見る”ことができる。電気の量をはかるイベントのようすを紹介しょうかいするよ。

2013年7月29日[HEMS道場]NEC夏休み特別イベント「おうちの電気を“見える化”しよう!」

まずは、電気のことをよく知ろう

電気は発電所で作られて、わたしたちのところまでとどけられる。電気は、町中でも、会社や工場でも、学校や家の中でも、ありとあらゆるところで使われているんだ。

電気はどこで使われているのかな?

いろいろな乗り物や建物の中のようすがえがかれた絵を見て、電気が使われているものをさがしてみたよ。

問題1:テレビや冷蔵庫など、電気を使うものを丸でかこみましょう。絵に丸をつけていくテレビもすいはん器もそうだよね。 まだまだあるよ。問題2:わたしたちは、電気をコンセントからとり出して使っています。絵の中にもコンセントが12個見えます。コンセントをさがして、赤い丸をつけましょう。パペロもやってみたけど、これでやっと半分ぐらい。おうちのなかには、電気を使っているものがこんなにあるんだね!

もし、発電所で作る電気の量を、みんなが使う電気の量がこえてしまったら・・・、そう、停電がおきてしまう。そんなことにならないように、電気のムダづかいをらしていくことが大事なんだ。

電気の量を測ってみよう

どの機械でどれだけ電気を使っているかがわかると、電気のムダづかいを減らしやすくなる。家にある家電製品かでんせいひんが電気をどれだけ使うのか、みんなで調べてみるよ。
このクランプメーターという道具を使うと、流れている電気の量を調べられるんだって。

クランプメーター

まず、機械を、線の一部が2つに分かれた特別な延長えんちょうコードでコンセントにつなぐ。そしてクランプメーターの電源でんげんを入れたら、分かれている線の片方かたほうをこのメーターではさむ。
クランプメーターに数字が表示ひょうじされるのがわかるかな? それが、今その機械に流れている電流の量だ。

はさむだけで測れるの?数字が出てきた!

表示されている数字は、機械に流れる電力量をしめす「アンペア(A)」です。これに100ボルト(V)をかけて、「ワット(W)」にすると、機械が使う電気の量(消費電力)になります。
<例:クランプメーターの表示が15の場合>
15A×100V=1500Wなので、1500Wが、機械が使っている使う電気の量になります。

いろいろ測って、くらべてみよう!

使い方が変わると、流れる電気の量も変わるよ。どっちの方が電気をたくさん使うかな?
表示される数字が大きいほど、たくさん電気を使っているんだよ。

使用中の機械へ流れている電気の量が、こんなふうに表示される。

  • パソコンやテレビ 画面が暗いときと明るいとき
  • ドライヤー 温風のときと冷風のとき、<br>風力が弱いときと強いとき
  • CDプレイヤー 音量が大きいときと<br>小さいとき
  • 扇風機 風力が強いときと弱いとき

あれ?電源をオンにしてないのに数字が出てきた。機械によっては、電源を入れていなくても、コンセントにつないでいるだけで電気が流れることがあるんだ。電気のムダづかいを減らすには、しばらく使わない機械のコンセントはぬいておくといいね。

考えよう!家ではどんな節電ができる?

家で電気を使うときに、気をつけていることはあるかな?
このイベントでは、クランプメーターと、下に説明のあるエコワットをし出して、家の電気の使い方を調べてもらい、家族でできる節電・省エネの方法を考えてもらったんだ。

さっき測定してわかったことも参考にしてみよう!

お手軽な「エコワット」でも調べてみよう

電気を測る道具には「エコワット」もある。
測りたい機械のプラグをエコワットにつなぎ、エコワットとコンセントをつなぐ。しばらくしてから見ると、その間に使われた電気の量や、その分の電気料金が表示されているよ。
エコワットだと電気料金もわかるんだ。

みなさんからのコメント

  • 6年女子:ドライヤーの風力を「強」にしたら、いきなり数値が変わりました。こんなに使っているのかとびっくり!
  • 4年男子:自分でアンペアを調べられて楽しかった。使い方のちがいで、こんなに使う電気の量が変わるなんて知らなかった。
  • 6年女子:ロボットと話したのは初めて。パペロがリアルに受け答えしてくれて、すごいと思った。
  • 6年男子の保護者:待機時消費電力についてなど、知識はありましたが、実感したのは初めて。親にとっても気づきの多いイベントでした。

これが、みんなの「省エネ・節電宣言(せつでんせんげん)」だ!

この日に勉強したことをもとに、家に帰ってから、どんな省エネ・節電ができるか考えてもらったよ。みんなはどんな「省エネ・節電の約束」を書いてくれたのかな。

  • わたしは、おうちで電気をムダに使わないようにするために、これからは、たいき電力をなくす(とくにテレビ、せんぷうき)、つかわない所のしょう明をすぐにけす、晴れているときは家にいないで元気に外であそぶことを約束します。
  • わたしは、おうちで電気をムダに使わないようにするために、これからは、テレビのリモコンの電げんが切れていても、電気が流れていることがわかったので、主電げんを切るようにすることを約束します。
  • わたしは、おうちで電気をムダに使わないようにするために、これからは、炊飯器は測定したら予想より電気代がかかっていたから、鍋でご飯を炊くようにすることを約束します。
  • わたしは、おうちで電気をムダに使わないようにするために、これからは、でんきのつけっぱなしなど(夏ではせんぷうきのけしわすれ)をしないことを約束します。

いろんな宣言があってたのもしいな。これから、みんなが電気を上手に使っていけるようになるといいね。

いろんな宣言があってたのもしいな。これから、みんなが電気を上手に使っていけるようになるといいね。

ショールームも見学したよ!

最新技術さいしんぎじゅつの話を聞いたり、自分で体験したり。貴重きちょう経験けいけんになったね。

蓄電(ちくでん)システムってなに?

これまで家庭で使うような大きな電気はためておけなかったけど、今は「蓄電池ちくでんち」が開発されて、料金の安い夜間の電力や、太陽光などで発電した電力をためておけるようになった。これがあれば、急にてい電がおきたときでも電気が使えるんだ。

>> 蓄電池のヒミツはこちら

蓄電システム

手や指の動きで画面をそうさ

ゲーム機でもおなじみの、画面に直接ちょくせつさわらなくても、手や指の動きで画面のそうさができる技術「フィンガージェスチャー」。架空かくうのドーナツショップで、ジェスチャーを使った注文にちょうせんしたよ。

フィンガージェスチャーにちょうせん!

NECのロボット、パペロとおしゃべり

あいさつしたり、「どんな人が好き?」と質問しつもんしたり。パペロとおしゃべりを楽しんだよ。

>> パペロをもっと知りたい人はこちら

パペロとあそぼう!

「HEMS(ヘムス)」があれば、電気をかしこく使える

どの時間にどの部屋で、どのぐらい電力を使っているかということや、その時までに電気料金がいくらかかったかがわかれば、電気のムダづかいをなくしていきやすいよね。そんな情報じょうほうを、インターネットなどですぐに確認かくにんできるしくみを「HEMS(ヘムス)」(※)という。

※:HEMS(ヘムス)とは、Home Energy Management System(ホームエネルギー・マネジメントシステム)のこと。

NECの「HEMS(ヘムス)」を使うと電気の使い方が一目でわかるから、「エアコンの設定温度を少し上げる」などの行動につなげやすいんだ。一人ひとりの節電量は少しずつでも、町中の人や、日本中の人が同じように行動すれば、全体ではすごくたくさん節電できるね!

このページのトップへ