ページの先頭です。
ここから本文です。

NEC キッズ・テクノロジー・ワールド

なっとく!技術のヒミツ たくさんの情報が読み書きできるなぞのゴマつぶ、その名は「RFID」

目次へ

電車やバスに乗るとき、カードをタッチするだけで支払しはらいができるよね。図書館で本をかりるとき、本を機械の上にのせるだけで手つづきできた、なんていう経験もあるかもしれない。じつは、そのどちらにも「RFID(アールエフアイディ)」が使われているんだ。
RFIDというのは、RFIDタグというモノの中に入っている情報を、無線(※)を使って、読み取ったり書きかえたりできるしくみのこと。たくさんのモノやデータを一つひとつ管理するのに便利で、お店や工場など、いろいろなところで活やくしているんだよ。
※無線:機械と機械をつなぐ線(ケーブルやワイヤー)を使わないで通信すること。

RFIDタグって、どんなもの?

RFIDタグは、こんなふうにICチップ(※)と無線通信するためのアンテナがセットになっている。無線通信ができるから、はなれていても、見えないところにあっても、情報が読み取れるんだ。

真ん中に見えるゴマつぶみたいな小さなものがICチップで、そのまわりの、もようみたいに見えるものがアンテナだ。
へぇ、こんな小さいつぶにデータが入ってるんだ。

※ICチップ:いろいろな働きをもつ部品をまとめて、1つの小さなまとまった部品のようにしたもの。

いろいろなところで使われているRFIDタグ

RFIDタグは、小さくて、うすくて、紙やプラスチックにつけても使える。だから、いろいろな形にすることができる。それに、見えないところにあっても、はなれたところからでも情報が読み取れるんだ。 シールみたいにすれば図書館の本にはりつけられるし、プラスチックのカードの中に入れれば、電車に乗るときに使う交通カードにしたりできる。洋服につけるときは、RFIDタグごとクリーニングしても大丈夫だいじょうぶなように、クリーニングするときの熱や薬品にたえられる特別な加工をしたりもするんだ。このようにRFIDタグは、いろいろな種類があり、いろいろな使い方ができるものなんだよ。

図書館の本/交通カード

NECのパソコン工場でもRFIDが大かつやく

カード型のRFIDタグは、NECのパソコン工場でも、部品の管理に活用されているよ。
ちなみに、「タグ」というのは、荷物につける荷ふだを意味する言葉だ。だから「RFIDタグ」は、RFIDを使った荷ふだみたいなもの、という意味になる。
>> パソコン工場のようすは、こちらをみてね!

RFIDタグ

見えなくても、はなれていても、情報が読み取れる

RFIDタグを使うと、一つひとつのモノにちがうID(一つひとつを見分けるための記号や番号)をつけて、1 ずつ区別できる。バーコードの役目とにているところもあるけど、もっと便利なんだよ。

見えないところでもピッ!

バーコードは見えるところにないと、情報を読み取れない。
RFIDは箱の中などの見えないところにあっても、外から情報を読み取れる。種類によっては4~5mはなれたところからでも読み取れる(※)。
※RFIDの種類によって、くっつけないと読み取れないものもある。

何度も情報を書きかえられる

バーコードは、一度印刷したら変えられない。
RFIDは情報を書きかえたり、追加したりできる。中の情報を、どんどん新しくしていけるんだ。

RFIDのおかげで、図書館も便利に!

毎日たくさんの本のかし出しや、返きゃくの手つづきをしている図書館。本1さつずつにRFIDタグをつけると、いろいろな作業がかんたんになる。

  • いっしゅんで、かし出し手つづき完了(かんりょう)

    機械に本をのせるだけで、本をかりることができる。何冊あってもいっしゅんで手つづきできるんだ。

    カウンターで手つづきするよりも時間がかからないね。

    【自動かし出し機】台の上に置けば、たくさんの本の情報をいっしゅんで読み取ってくれる。

  • 本のある場所が一目でわかる

    予約した本をかりにいくと、これまでは図書館の人が予約だなから本をさがすことが多かった。でも、RFIDを使ったしくみがあれば、それも自分でできるようになる。予約した本のあるたなにランプがつくから、本はすぐに見つかるよ。

    予約だなシステム

  • ベルトコンベアで運ばれて

    返きゃくされた本がベルトコンベアで運ばれて、もどす位置ごとに自動的に分けられていく。

    自動返きゃくシステム

洋服屋さんで大かつやく!

たくさんの商品を売っている洋服屋さん。
RFIDタグを商品一つひとつにつければ、仕事の手間がこんなに
少なくなるよ。

商品が何点とどいたか自動で読み取り

注文した商品がお店にとうちゃく。ゲートに読み取り装置そうちがついているから、ゲートを通るだけで、どんな商品が何点とどいたか、パソコン画面がめんに表示される。

ゲートを通るとピッピッと音がするよ読み取った商品がすごい速さで表示されるよ

カウンターに置くだけで、計算終了!

お客さんがほしい商品を選んで、カウンターにもってきた。服をカウンターに置くだけで、レジの画面には商品の種類や値段ねだんが出てきたよ。バーコードとちがって、1点ずつ読み取り作業をする必要がないんだ。

カウンターに商品を置くと・・・商品の種類や値段が出てくるよ

情報をやりとりするしくみ
レジカウンターの上に置いた商品のRFIDを、カウンターの下にある機械が読み取ってくれるんだ。

さがしている服の場所を教えてくれる

気に入ったデザインだけど、ほしいサイズがない。そんなとき店員さんは、倉庫に行ってそのサイズの服をあちこちさがしていた。でも、RFIDで管理していれば、サイズのデータを読み取り装置に入力するだけでOK。読み取り装置を倉庫で動かすと、その商品に近づいたときにププッと音が鳴って、ある場所を教えてくれる。

見えない場所でも装置を近づければ・・・かんたんに見つけてくれる

わぁ、便利。もっといろんなことに使えそうだね。

どろぼうも発見!

出口でアラームが鳴り出した!
レジをすませていない商品を持ち出した人がいると、アラームで知らせてくれる。

RFIDのしくみを使うと、こんなふうに、大量のモノをかんたんに管理できる。
ここで紹介しょうかいしたほかにも、たとえば、食べ物にRFIDタグをつけるような使い方もある。野菜にRFIDタグをつけて、どこの農場で育てられたか、何回農薬を使ったかなどの情報を入れておけば、お店の人は「この野菜は、安心して食べられますよ」とお客さんに伝えられるよね。
これからもRFIDは、みんなの生活を、もっと便利で安心なものにするために役立てられていく。

「なっとく!技術のヒミツ」の目次に戻る

このページのトップへ