ページの先頭です。
ここから本文です。

NEC キッズ・テクノロジー・ワールド

なっとく!技術のヒミツ ゴミ問題も地球全体の環境も省エネもおまかせ 最先端エコ・テクノロジーがコレだ!

目次へ

世界にとって最大の問題になった環境問題。この解決かいけつには、もちろん、ひとりひとりの行動が大事。でも、それだけじゃなかなか解決しない。そこで出てくるのが、環境問題に立ち向かうすごいテクノロジー。
今回は、NECがすすめているエコ・テクノロジーを大紹介だいしょうかいするぞ!

「環境問題」ってよく聞くけど、どんなことをいうの?
どうして、地球にやさしい生活をしなくちゃいけないの?
下のページを見る前に、まずはクイズをやってみてね。
環境のこと、いろいろわかるよ。

環境問題のこと、考えてみよう!クイズで学ぶ環境問題

環境問題のこと、考えてみよう!クイズで学ぶ環境問題

  • エコ・テクノロジー(1)ITで省エネ、CO2さくげん
  • エコ・テクノロジー(2)バイオプラスチック

省エネ、CO2さくげんはITの得意技(とくいわざ) 地球にやさしい社会づくりに、ITが大かつやく!

コンピュータやインターネットなどの情報技術じょうほうぎじゅつのことを、ITという。今、ITが発展はってんして、10年前とくらべても、ずっといろいろなことができるようになった。
たとえば、コンピュータの能力のうりょくが高くなって、文字だけではなく、画像がぞうや音楽や動画(映像)など、いろいろな「情報」をあつかうことができるようになったし、通信ネットワークも発達して、それらの「情報」を高速で送ることもできるようになった。
>> パソコンの歴史はこちら
そういう技術のおかげで、社会は便利になり、生活は楽しくなった。でも、それだけではない。ITは今、地球にやさしい社会づくりに大かつやくしているんだ。いったい、どんなことに役立っているんだろう?

ITって地球にやさしいの?

パソコンや携帯電話けいたいでんわって電気を使うよね。それなのに、地球にやさしいっていえるのかな、と思う人もいるかもしれない。たしかに電気は使うんだけど、そこで使う分以上に、資源しげんやエネルギーの利用をらせことがあるんだ。

たとえば、電車に乗るときに使うICカード。ITのおかげで、ピッとかざすだけで自動改札を通れるようになった。
それに、むかしはカードではなくキップを使っていたから、ものすごくたくさん紙を使っていた。今は1まいのカードをくり返し使うので、紙の使用量が国内でとても減ったんだ。

紙を使う量が減れば、その分、紙の原料となる木を切らなくてよくなる。木を運んだり、木から紙を作ったりするエネルギーもいらなくなる。そのように、いろいろなところでエネルギーを節約できるんだ。

自動改札

交通ICカード 紙のキップ

エネルギーを節約すると、どんないいことがあるの?

エネルギーは、石油や石炭、天然ガス、原子力などから生み出される。石油や石炭は地球上に無限むげんにあるわけではないので、使いつづけていれば、いつかはなくなってしまう。節約すれば、それらを長もちさせることができるんだ。

それに、石油や石炭などがやされてエネルギーに変わるときには、二酸化炭素にさんかたんそ(CO2)がたくさんはいしゅつされる。二酸化炭素は地球の気温が上がってしまう「地球温暖化ちきゅうおんだんか」の原因げんいん のひとつで、今、世界ではいろんな国が協力して二酸化炭素のはいしゅつ量を減らそうと努力しているところだ。エネルギーを節約すると、二酸化炭素のはいしゅつ量も減らせるから、地球の温暖化を ふせぐのに役立つというわけだ。

音楽を聞くときも、今はインターネットを使って、パソコンにデータをダウンロードできる。工場でCDを作り、CDショップに運んで売っていた時代にくらべて、使うエネルギーの量はとても少なくなっているんだよ。

モノがつくられてから、みんなの手にとどくまでには、たくさんのエネルギーが使われている。たとえば、材料をとってくるとき、工場に運ぶとき、つくるとき、お店にとどけるとき・・・、どんなときにも、電気やガスやガソリンなどが使われている。
でも、データはモノじゃないから、工場でたくさんのエネルギーを使って作ることもないし、データをやりとりするときも、それを運ぶために車や船、飛行機などを使わなくてすむ、というわけだ。

モノの場合(CDの例)

モノの場合(CDの例)

データの場合

「見える化」でムダを減らす

ITのすごさはそれだけじゃない。ITを使えば、「いつ、どこで、どれだけエネルギーが使われているか」を、目に見えるようにすることができる。
「この時間に、こんなに電気を使っている」とか「この部屋ではガスを使いすぎている」ということが一目でわかれば、気をつけなくちゃ、と思うよね。目に見えるようになると、みんながムダづかいに気づくから、ムダをなくしていけるんだ。

家全体の電気使用量がわかる画面

家全体の電気使用量がわかる画面

エネルギーを使った量が一目でわかる家。家庭や会社の省エネに役立てられている。

移動(いどう)を減らすことでもCO2さくげん!

テレビ電話を使えば、その場にいない人とも、顔を見て話ができる。会社で遠いところにいる人と会議をしたいときも、テレビ電話を使えば、遠いところまで行かなくてもいいんだ。移動する人が少なくなれば、その分、自動車や飛行機で使われるエネルギーは減って、そこから出る二酸化炭素の量も減るんだよ。

パソコンやインターネット、テレビ電話などがあれば、家でも、会社にいるときのように働けるようになる。そうなれば、毎日、会社に行かなくてもよくなるかもしれない。通勤つうきんする人が減れば、やはり、バスや自動車から出る二酸化炭素は少なくなるよね。

パソコンそのものも、こんなにエコ!

今のパソコンには、省エネ、節電のワザがたくさんもりこまれている。

人が席からはなれたら、自動的にパソコン画面の電気を消す。

エコボタンをおすだけで、節電モードに切りかえる。

ピークカットで地球温暖化の防止に役立つ。

ピークカットで地球温暖化の防止に役立つ。

1日のうちで電力消費量が大きいのは、11時から14時ころまで。
そのピーク(頂上ちょうじょう)の時間帯を節電モードにしたり、そのときに使う分の電力を夜に充電じゅうでんしたりすることで、火力発電所の発電量を減らせて、二酸化炭素を出す量も減らせる。

ITを上手に使えば、モノや時間、エネルギーなど、いろいろなムダを減らすことができる。そして、ムダが少なくなれば、その分、二酸化炭素のはいしゅつ量も少なくできるんだ。NECはITを上手に使うことで、地球にやさしい社会づくりを進めているんだよ。

他のテクノロジーを見る

「なっとく!技術のヒミツ」の目次に戻る

このページのトップへ