ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. Juniperシリーズ
  5. Juniper MXシリーズ
  6. Juniper MX960
ここから本文です。

Juniper MXシリーズ

MX960

サービス プロバイダおよび企業向けアプリケーションに最適な信頼性とパフォーマンス。

大容量の MX960 3D ユニバーサル エッジ ルーターは、非常に拡張性の高いルーティング、スイッチング、セキュリティ、およびサービス機能を備え、ネットワークの統合とサービスの集約を可能にします。

製品概要

SDN 対応 MX960 3D ユニバーサル エッジ ルーターは、サービス プロバイダや企業向けアプリケーションに求められる高いパフォーマンス、信頼性、拡張性を備えています。標準的なテレコム ラックの 1/3 の大きさに 10.56 Tbps のシステム容量を誇り、10 GbE、40 GbE、100 GbE の高密度インターフェイスだけでなく、従来の SONET/SDH、ATM、PDH 接続にも対応しています。

Junos OS とプログラマブル チップセットの Junos Trio を搭載する MX960 は、高いパフォーマンス、信頼性、拡張性を提供。費用対効果の高いデジタル変革を可能にし、すべてのネットワーク条件において優れたカスタマー エクスペリエンスを保証します。主な機能には、各種 L2/L3 VPN サービスのサポート、高度なブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ機能、統合ルーティング、スイッチング、セキュリティ サービスなどがあります。

特長

  • 40 個以上の 100 GbE インターフェイス、および数百もの 10 GbE インターフェイスを備え、10.56 Tbps を超える拡張が可能。投資を保護します。
  • キャリアグレード NAT(CGNAT)やステートフル ファイアウォール、ディープ パケット インスペクションなどのさまざまなサービスを統合。転送プレーンのパフォーマンスやコントロール プレーンの安定性に影響を与えることなく、高い拡張性を実現します。。
  • Contrail クラウド プラットフォームなど、標準ベースの SDN コントローラとシームレスに統合します。
  • 物理エレメントおよび仮想エレメントを含む、サービス チェーンの理想的なアンカー ポイントとして機能。自動化やカスタマイズなど、非常に柔軟なサービス配信が可能です。

仕様

機種名
MX960
システム容量 10.56 Tbps
スロット当たりのスイッチ ファブリック性能 480 Gbps
シャーシ当たりの DPC/MPC 数 11 または 12(保護スキームにより異なります)
ラック当たりシャーシ数 3
寸法(幅 × 高さ × 奥行き) 44.11 × 70.49(16 U)× 71.1 cm(17.37 × 27.75 × 28 インチ)(奥行きの総計には標準ケーブル マネージャーの計測値が含まれます)
最大重量 151.6 kg/334 ポンド
マウント方式 前面または中央
電力オプション AC/DC:-40~-72 V DC
200~240 V AC
動作温度 0~40 °C(32~104 °F)
湿度 5~90%(結露しないこと)
高度 4,000 m(13,000 フィート)までパフォーマンスの低下なし
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ戻る