ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. Juniperシリーズ
  5. Juniper ACXシリーズ
  6. Juniper ACX5000
ここから本文です。

Juniper ACXシリーズ

ACX5000

キャリア イーサネット向け高密度、高容量アグリゲーション ルーター

ACX5000 ルーターを使用すると、進化を続けるサービス ニーズによってアクセス ネットワークやモバイル バックホール ネットワークでの 10GbE UNI の採用が進む分野で、経済性に優れたメトロ イーサネット アクセスとアグリゲーション ソリューションを展開できます。 IP および IP VPN サービスを強力にサポートする E-LINE、E-LAN、E-TREE、E-ACCESS を備えたルーターです。

製品概要

ACX5000 は、キャリア イーサネット ネットワークにメトロ イーサネット アクセスおよびアグリゲーションを導入する場合に最適なルーターです。 その革新的な設計により、サービス プロバイダは、ラック スペースや冷却能力が限られた状況下で高密度のハイパフォーマンス インフラストラクチャを簡単に構築することができます。

ACX5000 ルーターは、1GbE/10GbE の容量および密度を処理できるように構築されており、NNI アップリンク用の 40GbE インターフェイスを備え、E-LINE、E-LAN、E-TREE、E-ACCESS、IP/IP VPN サービスを完全にサポートしています。 これらのルーターは、ISSU、バーチャル シャーシ、MC-LAG など、高可用性のネットワーク機能を通してお客様のビジネスを支えます。

ACX5000 ルーターでは、KVM 準拠のカスタマイズ可能な専用仮想マシン上でサービスを仮想化することにより、ネットワークのパフォーマンスを監視および分析するための運用スクリプトやプログラムを実行できます。

ACX5000 を利用すると、効率性および拡張性の両方を兼ね備えた高密度 Telco インフラストラクチャを構築できます。 ラック スペースや冷却に制約がある拠点のニーズを満たすために、導入が容易な次の 2 つの筐体が用意されています。

  • 1 U プラットフォーム、48 個の 10GbE ポート、6 個の 40GbE ポート
  • 2 U プラットフォーム、96 個の 10GbE ポート、8 個の 40GbE ポート

ACX5000 は、10GbE インターフェイス対応の次世代 xDSL/GPON および 4G/5G 基地局のほか、10GbE UNI サービスを必要とするホーム ユーザーや企業ユーザーからの高まる要望に応え、大容量アクセス ネットワークを実現します。 40 Gbps の NNI ポートによりアグリゲーション アップリンク用の十分な容量が確保され、キャリア イーサネット向けに設計されたソフトウェア機能と組み合わせることにより、メトロ イーサネット アクセスおよびアグリゲーションに最適なソリューションが得られます。

ACX5000 は、Junos OS および SDK を使用して、特定のニーズを満たすように完全にカスタマイズ可能です。また、優れた拡張性および信頼性を有しているため、ユーザー エクスペリエンスを向上させるとともに、ネットワーク インフラストラクチャの保守や更新に伴うコストを削減できます。

特長

  • 最大 2.5 Tbps の拡張性と性能に加え、1GbE、10GbE、40GbE のインターフェイスを備えることにより、メトロ イーサネットやモバイル バックホールのためのキャリア イーサネット ソリューションをサポートします。
  • 柔軟なアーキテクチャにより、キャリア イーサネット、マルチテナントの住宅用および商用メトロ イーサネットなどのレイヤー 2 サービス、モバイル バックホール アグリゲーションやトラフィック エンジニアリングなどのレイヤー 3 サービス(IP/MPLS に基づく)に対応します。
  • 包括的な機能により、OAM および SLA 計測をはじめとするイーサネットベースのサービスを容易に提供できます。
  • ISSU、MC-LAG、バーチャル シャーシ、Junos などの高可用性機能により、ミッションクリティカルな音声および映像のトラフィックの信頼できる、一貫性のある配信が可能です。
  • 透過性の高いクロッキングにより、さまざまなモバイル バックホールの導入や新しいサービスの厳しいクロッキング要件を満たす一方、タイミング技術の導入とプロビジョニングのための革新的なオプションが提供されます。
  • KVM 準拠の仮想マシン上でサービスを仮想化することにより、ネットワークを監視および分析する運用スクリプトやプログラムを実行できます。
  • 適応サービス アーキテクチャにオペレーショナル インテリジェンスが追加され、アクセス ネットワークやアグリゲーション ネットワークをビジネス ニーズに応じて拡大できます。
  • Junos Space プラットフォームによって提供される高速リモート プロビジョニングは、新しいサービスの配信を加速化できると同時に、運用コストやリソース要求を低減します。
  • Junos SDK を使用すると、プロビジョニングのカスタマイズや、サードパーティー アプリケーションおよびツールとの統合を実行できます。

仕様

機種名
ACX5000
システム スループット 最大 1.44 Tbps(ACX5048)
最大 2.56 Tbps(ACX5096)
インターフェイス サポート ACX5048: 48 個の SFP/24 銅線 1GbE、48 個の SFP+ 10GbE(ブレイクアウト ケーブル使用時 72 個)、6 個の QSFP+ 40GbE(それぞれを 4 × 10GbE として設定可能)、3 個の管理ポート(RJ-45 1 個、SFP 2 個)
ACX5096: 96 個の SFP/48 個の銅線 1GbE、96 個の SFP+ 10GbE(ブレイクアウト ケーブル使用時 104 個)、8 個の QSFP+ 40GbE(2 個は 4 × 10GbE として設定可能)、2 個の管理ポート(RJ-45 1 個、SFP 1 個)
寸法(幅 × 高さ × 奥行き) ACX5048: 17.36 × 1.72 × 20.48 インチ(44.09 × 4.37 × 52.02 cm)
ACX5096: 17.36 × 3.46 × 22.44 インチ(44.09 × 8.8 × 57 cm)
最大重量 ACX5048: 9.9 kg(21.8 ポンド)
ACX5096: 14.74 kg(32.5 ポンド)
電源(DC) -36~-72 VDC
電源(AC) 110~240 V 単相
消費電力量 ACX5048: ~350W(光 SFP 使用時)
ACX5096: ~550W(光 SFP 使用時)
湿度 95% RH(結露しないこと)
騒音値 0dB(騒音基準)
(無視可能 - パッシブ冷却のみの使用)
動作温度 0°C~40°C(32°F~104°F)
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ戻る