ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. Juniperシリーズ
  5. Juniper ACXシリーズ
  6. Juniper ACX1000
ここから本文です。

Juniper ACXシリーズ

ACX1000

キャビネットおよびタワーでの導入向けのコンパクトなファンなしルーター

ファンなしの ACX1000 ルーターは、8 個の T1/E1 インターフェイス、8 個の銅線 GbE ポート、4 個の銅線/光ファイバー GbE ポートにより、最大 60 Gbps を実現します。

製品概要

ACX1000 は、企業およびサービス プロバイダのキャビネット環境やタワー環境への導入に最適なファンなしの 1 U ルーターであり、固定構成(8 個の T1/E1 インターフェイス、8 個の銅線 10/100/1000GbE ポート、および 4 個の光ファイバー/銅線コンビネーション ポート)を通して最大 60 Gbps を実現します。

ACX1000 ルーターは、ETSI 300 仕様に準拠したコンパクトな 44.5 x 4.4 x 24 cm(17.5 x 1.75 x 9.4 インチ)プラットフォームです。 このアーキテクチャにより、ラック スペースや冷却能力が限られた Telco または企業のキャビネット環境への導入が容易になります。

ACX1000 は、Junos SDK を使用して完全にカスタマイズ可能です。また、優れた拡張性および信頼性を有しているため、顧客満足度を向上させるとともに、ネットワーク インフラストラクチャの運用、保守、更新に伴う総コストを削減できます。

特長

  • オペレーショナル インテリジェンスを備えた適応サービス アーキテクチャにより、ビジネス ニーズに合わせたアクセス ネットワークの拡張に対応します。
  • 柔軟なアーキテクチャにより、キャリア イーサネット、L2、L3、MPLS、トラフィック エンジニアリング、CAC、および簡易サービス プロビジョニングと運用がサポートされています。
  • Junos Space Services Activation Director を使用することで、迅速なリモート プロビジョニングが実現され、管理が容易になります。
  • 最大 60 Gbps(GbE および 10GbE サポート)の拡張性とパフォーマンスを誇り、T1/E1、GbE、10GbE、および PoE++ の広範なインターフェイス範囲に対応しているため、3G/4G/LTE への移行が容易です。
  • クロッキング技術は SyncE および IEEE 1588-2008 に対応しているため、QoE(Quality of Experience)を最大化できます。
  • Junos SDK を使用すると、プロビジョニングのカスタマイズや、サードパーティー アプリケーションおよびツールとの統合を簡単に行うことができます。
  • 1 U モデルは、屋外環境用のパッシブ冷却によって環境耐性が強化されています。

仕様

機種名
ACX1000
システム スループット 最大 60 Gbps
インターフェイス サポート 8 × T1/E1
8 × GbE 銅線
4 × GbE コンボ(銅線/光ファイバー)
寸法(幅 × 高さ × 奥行き) 44.5 × 4.4 × 24 cm(17.5 × 1.75 × 9.4 インチ)
最大重量 2.94 kg(6.5 ポンド)
電源(DC) -48V telco 公称または
-60V telco 公称または
+24 VDC 公称
電源(AC) -
消費電力量 50 W
湿度 95% RH(結露しないこと)
騒音値 0dB(騒音基準)(無視可能 - パッシブ冷却のみの使用)
動作温度 -40~70°C(-40~158°F)
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。

ページの先頭へ戻る