Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

海外現地法人の課題を解決するICTソリューション Vol.3スマートデバイスを活用した現地発のソリューションで営業力向上を支援

営業スタイルを一新して営業効率は飛躍的に向上

写真2NECマレーシア
ITサービス部長
ローレンス・アン

このように現地ニーズへ応えたソリューションであるだけに、現地法人からの評価も高く、すでに積極的に活用している企業も多い。

例えば、製造業のA社では、従来、各営業担当者がオフィスで訪問先(店舗)の情報を確認し、必要だと思われる商品を車に積み込み、自らが経験と勘で決めたルートを回るという営業スタイルだったという。「各店舗からの注文については、その場で紙の伝票に手書きで書き取り、営業担当者が自社に戻ってきてからデータを手入力していたため、間違いも起こりやすい環境でした。加えて、販売実績の把握に時間がかかり、タイムリーな生産管理ができず余剰在庫が発生するという課題も抱えていました」とNECマレーシアでITサービス部長を務めるローレンス・アン氏は語る。このように現地ニーズへ応えたソリューションであるだけに、現地法人からの評価も高く、すでに積極的に活用している企業も多い。

こうした課題を解決するためA社では、NECのモバイルSFAを導入。

営業スタイルをおおよそ次のようなフローに一新している(図)。

図製造業A社におけるNECのモバイルSFA活用イメージ

まず、各営業担当者は、最初にサーバからスマートデバイスに、その日に回る店舗のマスタデータをダウンロード。その際、店舗までの効率的なルートがスマートデバイスに自動的に表示される。次に、そのルートに従って各店舗を回り、在庫確認やオーダー数量を提案。その場でスマートデバイスへ入力し、モバイルプリンタからオーダー伝票と請求書ないし領収書を発行する。営業を終え、最後に自社に戻った際には、集金したお金や当日発行した書類を受け渡し、サーバへその日に回ったルートを出力するという流れだ。

「営業ルートの案内から、オーダーの入力、請求書や領収書の発行、さらには、営業日報や顧客情報の入力まで、すべてをスマートデバイスで完結できます。このため、伝票の再入力などの作業が不要となり、営業効率が飛躍的に向上。我々のヒアリングの結果、約1. 5倍程度まで営業効率が改善されたと聞きます。また、販売状況をリアルタイムに把握できるため、余剰在庫を抱えるリスクも軽減されました」とローレンス氏は効果を語る。

もちろん、NECが提供するスマートデバイス活用ソリューションは、モバイルSFAだけではなく、他にも様々なソリューションを提供している。

例えば、流通在庫の戦略的な価格設定や、効果的な販売施策をタイムリーに打ち出せる「在庫管理システム」や、スマートデバイスを活用して顧客に製品やサービスを効果的に紹介し、顧客サービスの向上を支援する「顧客管理システム」なども提供している。

最後に脇氏は「今回のスマートデバイス活用ソリューションは、アジア圏における現地の商習慣、法制度、業務プロセスなどをうまく汲み取り、NECが持っている通信とITノウハウを生かした好例です。今後も現地のニーズに耳を傾け順次ソリューションのメニューを拡充するとともに、アジア圏での経験をもとに他の地域へグローバルに展開をしていきたい」と語った。

※この内容は日本経済新聞(国際版)に掲載されたものです。