ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 技術サポート情報・ダウンロード
  6. Windows XP Service Pack2(SP2)適用に関する留意事項
  7. iStorageソフトウェア利用時に「Windows セキュリティの重要な警告」のダイアログボックスが表示される。
ここから本文です。

OSのService Pack適用に関する留意事項   [iStorage ストレージ]

Windows XP Service Pack2(SP2)適用に関する留意事項

iStorageソフトウェア利用時に「Windows セキュリティの重要な警告」のダイアログボックスが表示される

現象

Windows XP SP2(Service Pack 2)を適用したパーソナルコンピュータ(PC)において、WebSAM iStorageManager(iSM)クライアント、あるいはWebSAM Storage PerforNavi(PerforNavi)を利用し、特定の機能の実行によりサーバとの間でファイル転送を行った場合、「Windows セキュリティの重要な警告」のダイアログボックスが表示される場合があります。

発生条件

以下の2つの条件を満たした場合に発生します。

  1. Windows XP SP2を適用したPCでiSMクライアント、あるいはPerforNaviを実行したとき。
  2. サーバとの間でファイル転送を行う、下記機能のいずれかを利用したとき。
    (a)iSMクライアント
    • メイン画面において、「障害情報の採取」を行う場合
    • 構成設定画面において、「構成情報の取得」を行う場合
    • 性能画面において、「統計情報ファイルのダウンロード」を行う場合
    • 性能最適化画面において、「BUSY 率グラフ表示」、「再配置効果予測」を行う場合

    (b)PerforNavi
    • iSMサーバから「性能情報のダウンロード」を行う場合
    • 業務サーバから「ボリューム対応表のダウンロード」を行う場合

対策

ファイル転送が発生すると、「Windows セキュリティの重要な警告」というタイトルを持つ次のダイアログボックスが現れます。

「コンピュータを保護するため、このプログラムの機能の一部がWindowsファイアウォールでブロックされています。このプログラムをブロックし続けますか?
名前(N): File Transfer Program
発行元(P): Microsoft Corporation」

ここで、「ブロックを解除する(U)」のボタンを選択してください。
上記ダイアログボックスは、一度、「ブロックを解除する」を選択すると、以降は表示されません。

対策状況の確認方法

コントロールパネルの「Windowsファイアウォール」の「例外」タブに、「File Transfer Program」がチェック付きで登録されていることを確認してください。
登録されているプログラムのパスは、「編集」ボタンで確認できます
(通常は、C:\WINDOWS\system32\ftp.exeです)。

対策ソフトウェア

SystemGlobe iStorage基本制御(WebSAM iStorageManager含む)
WebSAM Storage PerforMate
WebSAM Storage PerforNavi
WebSAM Storage ReallocationControl
SystemGlobe DynamicSnapVolume
SystemGlobe AccessControl
SystemGlobe PerforSure

対策バージョン

WebSAM iStorageManager Ver2.1以降
WebSAM Storage PerforNavi Ver1.1以降

参考

ページの先頭へ戻る