ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage Virtual Volume
  9. 機能
ここから本文です。

iStorage Virtual Volume [iStorage ストレージ]

機能

ポリシーベースのプロビジョニング

業務のSLAに応じ、サーバ管理者は管理ソフト(vCenterやSSC)を利用して、要件(性能など)にマッチするストレージをポリシーに応じて割り当てる運用が可能となります。
仮想マシンの生成により、VVOLは自動的に作成されアクセス可能な状態とするため、ストレージの構築操作は不要です。

【画像】 (Virtual Volume) ポリシーベースのプロビジョニング

仮想マシンのバックアップ/リストア

仮想マシン単位にストレージの複製機能(DDR)を利用したバックアップやリストア運用が可能となります。

  • 仮想マシン単位のバックアップ/リストア
  • 業務停止バックアップ
  • 業務無停止バックアップ

ストレージの複製機能(DDR)のバックアップボリューム(RV)は、ポリシー定義でバックアップ採取を選択すると自動生成されるため、バックアップ環境の構築も容易です。

【画像】 (Virtual Volume) 仮想マシンのバックアップ/リストア

仮想マシンのスナップショット

VMware(vCenter)から、ストレージ機能を使って業務への負荷影響無しに仮想マシンのスナップショット作成・リストアが可能となります。

  • 仮想マシン単位にスナップショット作成・リストアが可能
  • サーバ側の負荷を軽減し、業務影響なく利用可能
  • 無停止でスナップショット作成可能(VMwareTools利用)

【画像】 (Virtual Volume) 仮想マシンのスナップショット

仮想マシン単位のSLA確保

仮想マシンの重要度やSLAに応じて、ストレージリソースを優先的に割り当てる運用が可能となります。

  • 仮想マシンのSLAに応じたIO流量制御設定(上限値/下限値)
  • 仮想マシンのSLAに応じた二次キャッシュ割り当て(ON/OFF)
  • 仮想マシンのSLAに応じた適切なデバイス割り当て(SSD/SAS/NL-SAS)

【画像】 (Virtual Volume) 仮想マシン単位のSLA確保

  • WebSAM

ページの先頭へ戻る