ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage ThinProvisioning
ここから本文です。

iStorage ThinProvisioning   [iStorage ストレージ]

特長

本製品は、ボリュームに書き込まれたデータ量に応じて、自動的にディスクアレイの容量をボリュームに割り当てます。

この製品を利用すると、以下の効果があります。

初期導入コストの削減

従来に比べると少ないディスクドライブで運用できるため、初期導入時のコストを削減できます。

消費電力の削減

ディスクアレイに搭載するディスクドライブが少なくてすむので、消費電力が削減でき、排出する二酸化炭素(CO2)の量を減らせます。

容量の有効利用

空き領域を他の業務で使用するボリュームに割り当てるなど、効率よく利用できます。
業務サーバがWindowsの場合は、コマンド操作(領域解放コマンド)により、OSとして未使用となった容量をプールに戻せます。

容量変更に伴う業務サーバの再構築が不要

データ量が増加し、ディスクアレイの容量が不足した場合は、業務無停止でディスクドライブを追加し、ディスクアレイの容量を拡張できます。

【画像】シンプロ特長

用語 説明
仮想容量 実際の容量を割り当てていない見かけ上の容量
実容量 プールに割り当てられた実際に確保されている容量
割当済み容量 プールから仮想容量論理ディスクに割り当てられた実容量

ページの先頭へ戻る