ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery
ここから本文です。

iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery
[iStorage ストレージ]

機能

本製品の主な機能を紹介します。

アトミックグループ

本製品では、遠隔にあるディスクアレイ間で論理ディスクを複製する際に、一貫性を保つ必要がある複製元と複製先の論理ディスクのペアを、グループ化できます。
この一貫性を保つためのグループをアトミックグループと呼びます。
複数のペアをアトミックグループに登録することにより、複製元の論理ディスクから複製先の論理ディスクへ、それぞれ論理ディスクの更新順にデータをコピーできます。
それぞれの論理ディスクの更新順序が保たれることにより、災害発生時、復旧に利用する複製先の論理ディスクにあるデータの一貫性を保証できます。

たとえば、業務でデータベースを使用している場合、データベースを構成する論理ディスクは、一貫性を保持する必要があります。
業務単位にアトミックグループを作成し、データベースを構成する論理ディスクのすべてのペアを登録することによって、業務ごとに、複製先の論理ディスクにあるデータの一貫性を保持できます。
また、アトミックループはグループ単位で状態を管理するため、グループとして状態を表示、操作できます。
それにより、災害発生時には、複製先の論理ディスクにあるデータの使用可否をグループの状態から判断できます。

セミ同期順序保証

遠隔のディスクアレイ間での論理ディスクの複製を、業務I/Oとは非同期にすることで、業務I/Oの性能を確保します。
また、業務I/Oの順序を保証して、複製元から複製先の論理ディスクへデータをコピーするので、コピー中のデータには一貫性があります。

ページの先頭へ戻る