ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage RemoteDataReplication、iStorage RemoteDataReplication Asynchronous
ここから本文です。

iStorage RemoteDataReplication、iStorage RemoteDataReplication Asynchronous   [iStorage ストレージ]

機能

複製ボリューム保護リストア機能

複製ボリュームからマスタボリュームへのリストアコピー時、業務サーバからマスタボリュームへのアクセスを複製ボリュームに反映する/しないが選択可能です。

遠隔レプリケーション

地理的に離れた場所での遠隔レプリケーションを実現します。

直列構成ペアの同時レプリケート

本製品とiStorage DynamicDataReplicationにより直列構成で接続されたペアを同時レプリケート可能です。

リモートペア操作

リモートのディスクアレイ内のペアを、本製品のリンクを経由してリモート操作できます。

RDRペアのスワップ機能

メインサイト-リモートサイト間で柔軟な運用切替えを実現します。

2TB超レプリケーション

2TBを超える大容量ボリュームによるデータレプリケーションが可能です。

低速回線RDR

10Mbps~30Mbps の低速な回線や、Bフレッツなどのベストエフォート回線(帯域保証のない回線)でiStorage RemoteDataReplicationの構築が可能です。これにより、低コストで災害対策やデータ移行が可能となります。

iStorage RemoteDataReplication Asynchronousの制約事項

ひとつの論理ディスクに対するRDR ペアの設定数(並列のRDR ペア構成)

ひとつのRDR ペア(DDR ペアとの併用は可能)

ひとつの論理ディスクに対する上位RDRペアと下位RDRペアの多段構成(直列のRDR ペア構成)

不可能(DDRペアとRDRペアによる直列構成は可能)

2TB超ボリューム

利用不可

レプリケートのコピーモード

バックグラウンドコピーのみ

iStorage RemoteDataReplicationを導入したディスクアレイと、iStorage RemoteDataReplication Asynchronousを導入したディスクアレイとの間でRDR のペアを設定することも可能です。
ただし、このペアに対しては、iStorage RemoteDataReplication Asynchronousの制約が適用されます。

  • 他の機能に違いはありません。

利用例

オンラインと並行したバックアップ

オンラインデータの複製を、簡単な操作で作成できます。この複製は、バックアップデータとしてそのまま利用できます。複製は、ディスクアレイのリソースを使って作成するので、サーバの負荷はなく、したがってオンライン業務への影響はありません。
さらに、テープなどへのセーブを業務と並行して複製から採取できますので、セーブ中のオンラインレスポンスを心配せずに行えます。

【画像】iStorage RemoteDataReplication

オンライン業務と検索業務を同時実行

複製ボリューム上のデータを検索業務用に独立させることで、更新業務と検索業務とが干渉なく動作し、ディスクアクセス競合やデッドロック問題を解消できます。

バッチ処理の同時実行

複製ボリュームを利用してバッチ処理を並行実行することで、処理時間を大幅に短縮できます。

アプリケーション評価環境構築

アプリケーション評価のための評価環境を複製ボリュームを利用することにより、簡単に構築できます。また、複製ボリュームにマスタボリュームの更新を反映しないリストアコピーを利用することで、同一データを使用してのテストを繰り返し行うことができます。

ページの先頭へ戻る