ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage PerforCache
ここから本文です。

iStorage PerforCache    [iStorage ストレージ]

機能

二次キャッシュを設定

WebSAM iStorageManagerの構成設定画面から、または、コマンドラインインターフェースで、以下の操作ができます。

二次キャッシュ構築

二次キャッシュに使用するSSDの物理ディスク、二次キャッシュの容量、種類などを決めて、二次キャッシュを構築します。
二次キャッシュの種類には、「Read/Write」と「Read専用」があります。
二次キャッシュは、SSDの物理ディスクに構築された二次キャッシュ専用プールと、二次キャッシュ専用プールに構築された二次キャッシュ用論理ディスクから構成されます。
二次キャッシュ専用プールと二次キャッシュ用論理ディスクにニックネームを設定して、管理しやすくできます。

二次キャッシュ解除

二次キャッシュ専用プール、二次キャッシュ用論理ディスクを解除します。

二次キャッシュ設定変更

二次キャッシュ機能の停止・再開、および、二次キャッシュ専用プール、二次キャッシュ用論理ディスクのニックネームを変更します。

論理ディスク単位の二次キャッシュ&パーシステントライトのON/OFF

あまり使用されなくなった論理ディスクの二次キャッシュ&パーシステントライトを無効にすることで、他の論理ディスクの性能を高めることができます。

二次キャッシュの情報を表示

WebSAM iStorageManagerのクライアント画面から、または、コマンドラインインターフェースで、ディスクアレイの二次キャッシュに関連する情報を確認できます。

二次キャッシュの性能を分析

WebSAM Storage PerforMate Suiteを購入し、利用することで、二次キャッシュに関連する性能情報を取得・分析できます。
この結果を元に、二次キャッシュの導入効果、使用状況を把握し、それに応じて容量を拡張したり、種類を変更した二次キャッシュを再構築することで、ディスクアレイのレスポンスを更に向上できます。

ページの先頭へ戻る