ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage ReplicationControl FileSystem Option
ここから本文です。

iStorage ReplicationControl FileSystem Option   [iStorage ストレージ]

動作環境

OS

HP-UX

  • HP-UX 11iv3

Solaris

  • Solaris10~11 (*1)(*2)

Linux

VxFS/VxVM 環境を利用する場合 (*5)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 (IA32/EM64T) (*3)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 Advanced Platform (IA32/EM64T) (*3)
    • Red Hat Enterprise Linux 6.1~6.7 (IA32/EM64T) (*3)
ext3/LVM 環境を利用する場合
  • Red Hat Enterprise Linux 5.6~5.11 (IA32/EM64T) (*3)(*4)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.6~5.11 Advanced Platform (IA32/EM64T) (*3)(*4)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1~6.8 (IA32/EM64T) (*3)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1~7.2 (EM64T)
ext4/LVM 環境を利用する場合
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1~6.8 (IA32/EM64T) (*3)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1~7.2 (EM64T)
xfs/LVM 環境を利用する場合
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1~7.2 (EM64T)
  • *1大域ゾーンでの動作をサポートしています。非大域ゾーンでの動作はサポートしていません。
  • *2Solaris QLC汎用ドライバをサポートしています。
  • *3DMP 機能を利用する場合は、ASL(Array Support Library)も合わせて適用願います。
  • *4SAS ポート搭載ディスクアレイとの接続の場合は、以下のOS をサポートします。
    Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降(IA32, EM64T)
    Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降Advanced Platform (IA32, EM64T)
  • *5iSCSI ポート搭載ディスクアレイおよびSAS ポート搭載ディスクアレイとの接続の場合は、ご相談ください。
  • *6DM-Multipathを利用する場合、注意事項は以下の通りです。
    • user_friendly_names を使用する場合には、aliasを"mpathX"(Xは英数字1文字)に設定しないでください。
      例:"mpath1"、"mpatha"
    • Red Hat Enterprise Linux 5にて、マルチパーティションを使用する場合、"pN"(Nは数字1文字)で終わる文字列に設定しないでください。例:"diskp1"
    • aliasには半角英数字および"_"のみ指定できます。
    • マルチパスデバイスに対してマルチパーティションを作成しないでください。

関連ソフトウェア

HP-UX環境の場合

必須ソフトウェア
  • WebSAM iStorageManager (Ver7.2以降) (*1)
  • iStorage AccessControl (*2)
  • iStorage ControlCommand on HP-UX (Ver7.2以降)
いずれかが必須なソフトウェア
  • iStorage DynamicDataReplication
  • iStorage RemoteDataReplication

Solaris環境の場合

必須ソフトウェア
  • WebSAM iStorageManager (Ver7.2以降) (*1)
  • iStorage AccessControl (*2)
  • iStorage ControlCommand on Solaris (Ver7.2以降)
  • Symantec Storage Foundation for Solaris(Symantec File System、Symantec Volume Managerを含む) (*5)
いずれかが必須なソフトウェア
  • iStorage DynamicDataReplication
  • iStorage RemoteDataReplication
サーバとディスクアレイの接続(FC)を2重化する場合に必要なソフトウェア
    • Symantec Storage Foundation for Solaris(DMPを含む)、またはMPxIO

Linux環境の場合

必須ソフトウェア
  • WebSAM iStorageManager (Ver7.5以降) (*3)
  • iStorage AccessControl (*2)
  • iStorage ControlCommand on Linux (Ver7.5以降)
  • iStorage DynamicDataReplicationまたはiStorage RemoteDataReplication
VxFS/VxVM環境を利用する場合
  • Symantec Storage Foundation for Linux (旧名VERITAS Storage Foundation for Linux) (*4)
    以下を含みます。
    • Symantec File System (旧名VERITAS File System)
    • Symantec Volume Manager (旧名VERITAS Volume Manager)
    • DMP(サーバとディスクアレイの接続(FC)を2重化するのに必要なソフトウェア)
ext3/LVM、ext4/LVM、xfs/LVMのいずれかの環境を利用する場合で、 サーバとディスクアレイの接続(FC)を2重化するのに必要なソフトウェア
  • iStorage StoragePathSaviorまたはDevice Mapper Multipath
  • *1iStorage M100シリーズでは、WebSAM iStorageManager Suite (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M300シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M500シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.3以降)に含まれます。
    iStorage M700シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.1以降)に含まれます。
    iStorage M5000シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.5以降)に含まれます。
  • *2iStorage M100シリーズでは、ディスクアレイに搭載されています。
    iStorage M300シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M500シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.3以降)に含まれます。
    iStorage M700シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.1以降)に含まれます。
    iStorage M5000シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.5以降)に含まれます。
  • *3iStorage M100シリーズでは、WebSAM iStorageManager Suite (Ver7.1以降)に含まれます。
    iStorage M300シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M500シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.3以降)に含まれます。
    iStorage M700シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.1以降)に含まれます。
    iStorage M5000シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.5以降)に含まれます。
  • *4Red Hat Enterprise Linuxのバージョンとの関係を以下に示します。
    • Red Hat Enterprise Linux 5/5 Advanced Platformの場合:
      VERITAS Storage Foundation for Linux v4.1 MP4
    • Red Hat Enterprise Linux 5.5/5.5 Advanced Platform (EM64T)以降の場合:
      VERITAS Storage Foundation for Linux v5.1
      VERITAS Storage Foundation for Linux v6.0.1
      Symantec Storage Foundation 6.1 for Linux
      Symantec Storage Foundation 6.2.1 for Linux
  • *5VERITAS Storage Foundation for Solaris v6.0.1環境では、iStorage ControlCommand Ver8.1以降、iStorage ReplicationControl FileSystem on Solaris Ver6.2以降を利用してください。
    Symantec Storage Foundation 6.1 for Solaris環境では、iStorage ControlCommand Ver8.5以降、iStorage ReplicationControl FileSystem on Solaris Ver6.2以降を利用してください。

対象ディスクアレイ

  • iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

ページの先頭へ戻る