ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage DirectDataShadow Option
ここから本文です。

iStorage DirectDataShadow Option  [iStorage ストレージ]

動作環境

対象 ディスクアレイ

iStorage Mシリーズ
  • iStorage M110
  • iStorage M310
  • iStorage M310F
  • iStorage M510
  • iStorage M710
  • iStorage M710F
  • iStorage M5000
iStorage HSシリーズ
  • iStorage HS3-40
  • iStorage HS3-50
  • iStorage HS8-40
  • iStorage HS8-50

必須 ソフトウェア

  • iStorage基本制御 または WebSAM iStorageManager Suite
  • iStorage DynamicDataReplication
  • iStorage ControlCommand

注意事項

  • *1台のMシリーズに接続できるiStorage HSシステムは1つまでになります。
  • *iStorage HS8-40/HS8-50にはiStorage Mシリーズを16台まで接続できます。
    iStorage HS3-40/HS3-50には1台のiStorage Mシリーズ(ただしiStorage M5000を除く)を接続できます。
  • *iStorage HS8-40/HS8-50はHNが1台から16台の構成をサポートしています。
  • *iStorage HS3-40/HS3-50とiStorage Mシリーズとの接続は直結のみサポートしています。iStorage HS8-40/HS8-50とiStorage Mシリーズとの接続には、ネットワークスイッチが必要です。
  • *DirectDataShadowのバックアップ/リストアで使用するiStorage MシリーズのiSCSIポート(設定により1~8ポートを選択可能)は、DirectDataShadow専用で使用するため、業務サーバとの接続には使用できません。業務サーバとの接続にはその他のiSCSIポートまたはFCポートを使用して下さい。
  • *iStorage HSとiStorage Mシリーズ間のネットワークスイッチを含むiSCSIネットワーク経路は、全て同一転送速度(1Gbまたは10Gb)になるようにして下さい。異なる転送速度のネットワーク経路が含まれている場合、ネットワーク機器の帯域を超えるデータ転送が発生した際に性能低下などが発生する可能性があります。
  • *iStorage MシリーズとHSシリーズを接続するために、ケーブルの手配が必要です。
      1000BASE-Tの場合 Category 5e以上のCopperケーブル(RJ-45コネクタ)
      10GBASE-Tの場合 Category 6A以上のCopperケーブル(RJ-45コネクタ)
      10GBASE-SRの場合 iStorage Mシリーズと共通アクセサリの光ケーブル(LCコネクタ)
  • *ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を使用する場合は、以下がすべて必要です。
    + 以下のバージョン以上のiStorage Mシリーズ ストレージ制御ソフト
      - iStorage M110/M310/M310F/M510/M710/M710Fの場合は0940以上
      - iStorage M5000の場合は08A0以上
    + 装置により以下のいずれかのソフトウェア
      - iStorage M110の場合はWebSAM iStorageManager Suite Ver9.4以上
      - iStorage M310/M310F/M510/M710/M710F/M5000の場合は
          iStorage基本制御 Ver9.4以上
    + WebSAM Storage RepNavi Suite Ver9.4以上
    + HSのシステムバージョンは5.0.3以上

ページの先頭へ戻る