ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage DynamicDataReplication、iStorage DynamicDataReplication Express
ここから本文です。

iStorage DynamicDataReplication、iStorage DynamicDataReplication Express   [iStorage ストレージ]

機能

複製ボリューム保護リストア機能

複製ボリュームからマスタボリュームへのリストアコピー時、業務サーバからマスタボリュームへのアクセスを複製ボリュームに反映する/しないを選択可能

複製ボリューム即時活性化セパレート機能

マスタボリュームから複製ボリュームへのコピーが完了する前でも、複製ボリュームを切り離してマスタボリュームの複製として使用可能

2TB超レプリケーション

2TBを超える大容量ボリュームによるデータレプリケーションが可能です。

オンラインと並行したバックアップ

オンラインデータの複製を、簡単な操作で作成できます。この複製は、バックアップとしてそのまま利用できます。複製は、ディスクアレイのリソースを使って作成するので、サーバの負荷はなく、したがってオンライン業務への影響はありません。さらに、テープなどへのセーブを業務と並行して複製から採取できますので、セーブ中のオンラインレスポンスを心配せずに行えます。

【画像】オンラインと並行したバックアップ

バッチ処理の同時実行

複製ボリュームを利用してバッチ処理を並行実行することで、処理時間を大幅に短縮できます。

アプリケーション評価環境構築

アプリケーション評価のための評価環境を複製ボリュームを利用することにより、簡単に構築できます。また、複製ボリュームにマスタボリュームの更新を反映しないリストアコピーを利用することで、同一データを使用してのテストを繰り返し行うことができます。

オンライン業務と検索業務を同時実行

複製ボリューム上のデータを検索業務用に独立させることで、更新業務と検索業務とが干渉なく動作し、ディスクアクセス競合やデッドロック問題を解消できます。

ページの先頭へ戻る