ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage ControlCommand
ここから本文です。

iStorage ControlCommand   [iStorage ストレージ]

動作環境

OS

データレプリケーション機能/スナップショット機能/ディザスタリカバリ機能/省電力機能を利用する場合

  • Microsoft® Windows Server® 2008 Standard (SP 無,SP2) (*1)(*2)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Standard (SP 無,SP1) (*3)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise (SP 無,SP2) (*1)(*2)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Enterprise (SP 無,SP1) (*3)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Datacenter (SP 無,SP1) (*3)
  • Microsoft® Windows Server® 2012, Standard x64 Edition (SP 無) (*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2012, Datacenter x64 Edition (SP 無)
  • Microsoft® Windows Server® 2012 R2, Standard x64 Edition (SP 無) (*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2012 R2, Datacenter x64 Edition (SP 無)
  • Microsoft® Windows Server® 2016 Standard (*3)(*8)
  • Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter (*3)(*8)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 (IA32 / EM64T) (*5)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 Advanced Platform (IA32 / EM64T) (*5)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1~6.8 (IA32 / EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1~7.2 (EM64T)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 SP3 (IA32 / EM64T)
  • HP-UX 11iv3
  • Solaris10 、Solaris11(*6)(*7)

データ改ざん防止機能を利用する場合

  • Microsoft® Windows Server® 2008 Standard (SP 無,SP2) (*1)(*2)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Standard (SP 無,SP1) (*3)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise (SP 無,SP2) (*1)(*2)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Enterprise (SP 無,SP1) (*3)(*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Datacenter (SP 無,SP1) (*3)
  • Microsoft® Windows Server® 2012, Standard x64 Edition (SP 無) (*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2012, Datacenter x64 Edition (SP 無)
  • Microsoft® Windows Server® 2012 R2, Standard x64 Edition (SP 無) (*4)
  • Microsoft® Windows Server® 2012 R2, Datacenter x64 Edition (SP 無)
  • Microsoft® Windows Server® 2016 Standard (*3)(*8)
  • Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter (*3)(*8)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 (IA32 / EM64T) (*5)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.11 Advanced Platform (IA32 / EM64T) (*5)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1~6.8 (IA32 / EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1~7.2 (EM64T)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 SP3 (IA32 / EM64T)
  • *1Hyper-V 機能未搭載の製品も含みます。なお、Hyper-V 機能、Server Core インストールオプションはサポートしていません。
  • *2IA32 およびx64 に対応します。
  • *3x64 に対応します。
  • *4SAS ポート搭載ディスクアレイとの接続の場合、Microsoft® Windows Server® 2008 以降をサポートします。
    ただし、SAS ポート搭載ディスクアレイでのホスト情報収集機能は、Microsoft® Windows Server® 2008 R2 以降をサポートします。
  • *5SAS ポート搭載ディスクアレイとの接続の場合は、以下のOS をサポートします。
    Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降 (IA32 / EM64T)
    Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降 Advanced Platform (IA32 / EM64T)
  • *6Solaris10 以降で動作させる場合、大域ゾーン上でのみ動作可能です。非大域ゾーンには対応していません。
  • *7Solaris QLC 汎用ドライバに対応しています。
  • *8Nano Server、Windows Serverコンテナ、Hyper-Vコンテナに対応していません。

仮想化環境 (*1)

  • VMware ESXi 5.0(VMware vSphere 5.0)
  • VMware ESXi 5.1(VMware vSphere 5.1)
  • VMware ESXi 5.5(VMware vSphere 5.5)
  • VMware ESXi 6.0(VMware vSphere 6.0)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 Hyper-V
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • *1仮想化環境については、対象ディスクアレイの機種ごとにサポート状況が異なる場合があります。

必須ソフトウェア

各機能共通

  • WebSAM iStorageManager (Ver7.1以降) (*1)
    • iStorage AccessControl (*2)

データレプリケーション機能を利用する場合

  • iStorage DynamicDataReplication、または、
    iStorage RemoteDataReplication

ディザスタリカバリ機能を利用する場合

  • iStorage RemoteDataReplication
  • iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery

スナップショット機能を利用する場合

  • iStorage DynamicSnapVolume (*3)

データ改ざん防止機能を利用する場合

  • iStorage VolumeProtect

省電力機能を利用する場合

  • iStorage StoragePowerConserver (*2)
  • *1iStorage M100シリーズでは、WebSAM iStorageManager Suite (Ver7.1以降)に含まれます。
    iStorage M300シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M500シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.3以降)に含まれます。
    iStorage M700シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.1以降)に含まれます。
    iStorage M5000シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.5以降)に含まれます。
  • *2iStorage M100シリーズでは、ディスクアレイに搭載されています。
    iStorage M300シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.2以降)に含まれます。
    iStorage M500シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver7.3以降)に含まれます。
    iStorage M700シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.1以降)に含まれます。
    iStorage M5000シリーズでは、iStorage基本制御 (Ver8.5以降)に含まれます。
  • *3iStorage DynamicDataReplicationに含まれます。

対象ディスクアレイ

データレプリケーション機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

ディザスタリカバリ機能を利用する場合

iStorage M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

スナップショット機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

データ改ざん防止機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

省電力機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ、M5000シリーズ

共通機能のホスト情報収集機能を利用する場合

FCポート搭載ディスクアレイ
iSCSIポート搭載ディスクアレイ(OSがWindowsとLinuxの場合のみ)
SASポート搭載ディスクアレイ(OSがWindowsとLinuxの場合のみ)

ページの先頭へ戻る