ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. ソフトウェア一覧
  7. ストレージ制御
  8. iStorage AccessControl
ここから本文です。

iStorage AccessControl   [iStorage ストレージ]

機能

接続ポート単位の設定(Portモード)

ディスクアレイのポートごとにアクセス可能な論理ディスクを設定できるため、ディスクアレイの各ポートに接続した業務サーバ単位に論理ディスクへのアクセスを制御できます。

【画像】iStorage AccessControl

HBAポート単位の設定(WWNモード)

業務サーバのHBA(Host Bus Adapter)ポートごとにアクセス可能な論理ディスクを設定し、サーバ単位に論理ディスクのアクセス可否を設定できます。HBAは、WWN(World Wide Name)と呼ぶ唯一の識別コードを持ちます。これを利用して、論理ディスクに対してアクセスを許可するWWNを設定します。

【画像】iStorage AccessControl

  • PortモードとWWNモードとの違い
    Portモード、WWNモード共に接続サーバからのアクセス可否を設定する点については同等ですが、ディスクアレイのポート単位で設定するPortモードと、サーバのHBAポート単位で設定するWWNモードとでは接続サーバ数に違いがでてきます。

ページの先頭へ戻る