ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. Mシリーズ
  7. M710
ここから本文です。

M710   [iStorage ストレージ]

M710 3.5型ドライブ対応モデル

モデル名 M710 3.5型ドライブ対応モデル
筐体構成 ディスクアレイコントローラに3.5型ドライブ対応のディスクエンクロージャを80台、または2.5型ドライブ対応を40台接続可能
ディスクエンクロージャはドライブを12台まで搭載可能
ホストインタフェース ファイバチャネル(8Gbps/16Gbps)、iSCSI(10Gbps)
最大ホストポート数※1 FC:48、iSCSI:24、
FCx2~40+iSCSI(Optical)x2~20、FCx2~40+iSCSI(Copper)x4~20
キャッシュメモリ 搭載容量 96GB or 192GB
バッテリバックアップ時間 無制限(専用エリアへ退避)
RAIDタイプ※2 RAID-0, 1, 5, 6,10, 50,60,TM
ディスクドライブインタフェース SAS 3.0(12Gbps)
ドライブ諸元(型・容量・回転速度) ニアライン SAS HDD 3.5型 2TB,4TB,6TB,8TB,10TB(7,200rpm)
SAS SSD 3.5型 200GB,400GB,1.6TB,3.84TB
VRI SAS SSD※10 3.5型 2TB,4TB
暗号化ニアラインSAS HDD 3.5型 4TB(7,200rpm)
暗号化SAS SSD 3.5型 200GB
装置容量 (最大容量)※3※4 ニアライン SAS HDD 7,582.9TB
SAS SSD 2,651.7TB
VRI SAS SSD 2,729.8TB
暗号化ニアラインSAS HDD 3,033.0TB
暗号化SAS SSD 132.4TB
搭載ドライブ数※1 3~960台
筐体寸法(W×D×H) ディスクアレイコントローラ(U数) 480×633.8x175.4mm(4U、フロントベゼルなし)/
480×643.8x175.4mm(4U、フロントベゼルあり)※5
ディスクエンクロージャ(U数) 482×548.5x87.4mm(2U、フロントベゼルなし)/
482×558.5x87.4mm(2U、フロントベゼルあり)※5
質量 ディスクアレイコントローラ 48kg以下
ディスクエンクロージャ 29kg以下
電源条件 AC 100~240V 単相 50/60Hz
消費電力(最大時/25℃環境時) ディスクアレイコントローラ※6 1,190W(1,200VA) / 1,065W
ディスクエンクロージャ 295W(300VA) / 230W
周囲環境条件 温度 5~40℃(動作時)、-10~+60℃(休止時)
湿度 10~80%RH(動作時)、5~80%RH(休止時)
省エネ法※7による表示 (2011年度基準) 区分 N
エネルギー消費効率※8 0.00159
対応OS ※9 FC: Windows、Linux、VMware、HP-UX、Solaris、AIX
iSCSI: Windows、Linux、VMware
  • ※1ホストインタフェース数と搭載ドライブ数は、排他増設となり、各最大数を掲載。
  • ※2RAID-0は、冗長性がありませんので単体ドライブのエラーでデータロストになります。基本的には冗長性を持ったRAIDをご利用ください。また、使用は事前にご相談ください。
    SSD:RAID-1,5,6,10,50,60のみ。
  • ※31GB=1,024³B、1TB=1,024⁴Bとして計算した数値。
  • ※4最大容量は、各ドライブの最大容量ドライブを選択し、SAS HDD、ニアラインSAS HDDは、RAID-5構成時、SAS SSDは、RAID-6構成時。
  • ※5フロントベゼルはオプションです。
  • ※6ホストインタフェースFC(16Gbps)時の値、その他の構成時は異なる場合があります。
  • ※7正式にはエネルギーの使用の合理化に関する法律。SSDは省エネ法の対象外です。
  • ※8エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める記憶容量で除した数値。
  • ※9これらのOSにおけるディスク装置接続については制限事項があります。詳細についてはお問い合わせください。
  • ※10

    VRI(Very Read Intensive):読み込み中心用途向け。SSD二次キャッシュ機能用途には利用不可。

3.5型モデルはこちら

M710 2.5型ドライブ対応モデル

モデル名 M710 2.5型ドライブ対応モデル
筐体構成 ディスクアレイコントローラに2.5型ドライブ対応のディスクエンクロージャを40台、または3.5型ドライブ対応を80台接続可能
ディスクエンクロージャはドライブを24台まで搭載可能
ホストインタフェース ファイバチャネル(8Gbps/16Gbps)、iSCSI(10Gbps)
最大ホストポート数※1 FC:48、iSCSI:24、
FCx2~40+iSCSI(Optical)x2~20、
FCx2~40+iSCSI(Copper)x4~20
キャッシュメモリ 搭載容量 96GB or 192GB
バッテリバックアップ時間 無制限(専用エリアへ退避)
RAIDタイプ※2 RAID-0, 1, 5, 6,10, 50,60,TM
ディスクドライブインタフェース SAS 3.0(12Gbps)
ドライブ諸元(型・容量・回転速度) SAS HDD 2.5型 600GB,1.2TB,1.8TB(10,000rpm), 300GB,600GB(15,000rpm)
ニアラインSAS HDD 2.5型 1TB,2TB(7,200rpm)
SAS SSD 2.5型 200GB,400GB,1.6TB,3.84TB
VRI SAS SSD※10 2.5型 2TB,4TB
暗号化SAS HDD 2.5型 600GB(10,000rpm/15,000rpm)
暗号化SAS SSD 2.5型 200GB
装置容量 (最大容量)※3※4 SAS HDD 1,360.5TB
ニアラインSAS HDD 1,517.1TB
SAS SSD 2,651.7TB
VRI SAS SSD 2,729.8TB
暗号化SAS HDD 445.1TB
暗号化SAS SSD 132.4TB
搭載ドライブ数※1 3~960台
筐体寸法(W×D×H) ディスクアレイコントローラ(U数) 480×633.8x175.4mm(4U、フロントベゼルなし)/
480×643.8x175.4mm(4U、フロントベゼルあり)※5
ディスクエンクロージャ(U数) 482×548.5x87.4mm(2U、フロントベゼルなし)/
482×558.5x87.4mm(2U、フロントベゼルあり)※5
質量 ディスクアレイコントローラ 48kg以下
ディスクエンクロージャ 26kg以下
電源条件 AC 100~240V 単相 50/60Hz
消費電力(最大時/25℃環境時) ディスクアレイコントローラ※6 1,190W(1,200VA) / 1,065W
ディスクエンクロージャ 350W(355VA) / 285W
315W(320VA) / 250W
周囲環境条件 温度 5~40℃(動作時)、-10~+60℃(休止時)
湿度 10~80%RH(動作時)、5~80%RH(休止時)
省エネ法※7による表示 (2011年度基準) 区分 N
エネルギー消費効率※8 0.0198
0.00399
対応OS ※9 FC: Windows、Linux、VMware、HP-UX、Solaris、AIX
iSCSI: Windows、Linux、VMware
  • ※1ホストインタフェース数と搭載ドライブ数は、排他増設となり、各最大数を掲載。
  • ※2RAID-0は、冗長性がありませんので単体ドライブのエラーでデータロストになります。基本的には冗長性を持ったRAIDをご利用ください。また、使用は事前にご相談ください。
    SSD:RAID-1,5,6,10,50,60のみ。
  • ※31GB=1,024³B、1TB=1,024⁴Bとして計算した数値。
  • ※4最大容量は、各ドライブの最大容量ドライブを選択し、SAS HDD、ニアラインSAS HDDは、RAID-5構成時、SAS SSDは、RAID-6構成時。
  • ※5フロントベゼルはオプションです。
  • ※6ホストインタフェースFC(16Gbps)時の値、その他の構成時は異なる場合があります。
  • ※7正式にはエネルギーの使用の合理化に関する法律。SSDは省エネ法の対象外です。
  • ※8エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める記憶容量で除した数値。
  • ※9これらのOSにおけるディスク装置接続については制限事項があります。詳細についてはお問い合わせください。
  • ※10

    VRI(Very Read Intensive):読み込み中心用途向け。SSD二次キャッシュ機能用途には利用不可。

ページの先頭へ戻る