ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStoarge
  5. 製品ラインナップ
  6. NSシリーズ
  7. マイナンバー安心セット
ここから本文です。

マイナンバー安心セット(機密ファイル保管サーバセット)

【画像】マイナンバー安心セット(情報金庫ファイルサーバ)モデル

タワー型
インテル® Pentium® プロセッサー
4TB(SATA)
InfoCage ファイル暗号 (20ライセンス)


セット希望小売価格:42万5000円~(税別)

[PDF]カタログPDF

強固な情報漏えい防止や監視をセットでご用意

Windows® Storage Server 2012 R2プリインストールずみで、簡単な設定で導入可能なiStorage NSシリーズと簡単操作と強力な暗号アルゴリズムで情報漏えいを防ぐInfoCage ファイル暗号をセットでご提供します。
また、オプションのNEC Information Assessment SystemとALog ConVerterを追加すればサーバのアクセス権制御やアクセスログ監視を支援します。

機密ファイルを自動暗号化

機密ファイルを格納するフォルダを自動暗号化フォルダに設定しておくと、フォルダに格納したファイルを自動的に暗号化します。

【画像】InfoCage ファイル暗号の主な機能:暗号化忘れ対策

フォルダ内のファイルは、定期的に巡回チェックされ、暗号化されていないファイルは自動的に暗号化します。たとえば、iStorage NS上で公開している共有フォルダを暗号化フォルダに設定すると、クライアントPCから格納されたファイルを自動で暗号化することが可能です。

【画像】InfoCage ファイル暗号の主な機能:暗号化忘れ対策

簡単操作で利用促進

右クリックメニューからファイルの暗号化/復号を容易に行うことができます。また、ファイルをダブルクリックすることでも復号できます。

【画像】InfoCage ファイル暗号の主な機能:簡単操作で利用促進

  • *InfoCage ファイル暗号では、右クリックメニューからのファイルの暗号化および復号時に、パスワードの入力が必要となります。本パスワードは「マスタパスワード」と言い、InfoCage ファイル暗号で使用する鍵の保護を目的としております。

選択オプションソフトウェア

アクセス権制御やアクセスログ管理、個人情報を含むファイルを自動検出する各ソフトウェア製品をオプションでお選びいただけます。

フォルダのアクセス権制御

機密ファイルを格納するフォルダに対してアクセス権の棚卸し・適正化を行うことで情報漏えいのリスクを低減します。

【画像】

NEC Information Assessment System
(機密ファイル保管サーバセット専用1TBライセンス)


希望小売価格:42万8000円(税別)

  • 別途、追加1TBライセンス【希望小売価格 428,000円(税別)】もご用意していますので、管理対象のデータ容量に応じてご購入ください。

サーバのアクセスログ管理

機密ファイルを格納するサーバのアクセスログを記録することで、不正アクセスの抑止と事後追跡の対策が可能になります。

【画像】

ALog ConVerter for iStorage NS


希望小売価格:23万1280円(税別)

個人情報を含むファイルの自動検出

サーバ内の個人情報が含まれるファイルを自動で検出し、隔離・削除などの対処が可能になります。

【画像】

NEC Information Assessment System 個人情報検出オプション
(機密ファイル保管サーバセット専用1TBライセンス)


希望小売価格:42万8000円(税別)

  • 別途、追加1TBライセンス【希望小売価格 100,000円(税別)】もご用意していますので、管理対象のデータ容量に応じてご購入ください。

選択オプションソフトウェアは別途購入が必要です。

NSシリーズに関するご相談・お問い合わせ

NEC ファーストコンタクトセンター

電話 03-3455-5800

月曜日~金曜日(祝祭日およびNEC休業日を除く)
9:00~12:00、13:00~17:00

ページの先頭へ戻る