ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 製品ラインナップ
  6. Tシリーズ
  7. T60A
ここから本文です。

T60A   [iStorage ストレージ]

【画像】T60A

4Uのラックスペースに、最大60巻のカートリッジを格納する省スペースライブラリ
業界最高水準の格納効率1Uあたり15巻を実現

希望小売価格:298万円~(税別)

[PDF]カタログPDF

テープライブラリ装置T60Aは、最大スループット4,320GB/h、最大記憶容量360.0TB(LTO7テープドライブ搭載、非圧縮時)を提供します。

特長

ラックスペースを有効活用

幅446mm、奥行き869mm、高さ177mm(4U)の省スペースライブラリ装置。1U当たり15巻の高実装効率を実現し、高さ4Uのラックスペースに最大60巻のLTOカートリッジを格納可能です。
また、LTO7、LTO6、またはLTO5テープドライブを標準で1台搭載し、最大4台の搭載が可能です。

オープンテープ業界の標準規格に対応

オープンテープ業界標準のLTO Ultrium規格に準拠したLTO Ultrium7(LTO7)、LTO Ultrium6(LTO6)およびLTO Ultrium5(LTO5)ドライブに対応し、1巻当たり6,000GB(LTO7搭載、非圧縮時)の高記憶容量テープに最大データ転送速度 300MB/s(LTO7搭載、非圧縮時)の高速バックアップ処理が可能です。

マガジン方式による操作性の向上

すべてのスロットがマガジン方式のため、テープ交換作業が容易で、マガジン単位のオフサイト管理も可能です。(フロント側マガジン:18巻+リア側マガジン:12巻、2セット)
また、取り出し専用のボタンを備え、1ボタン操作でクイックな取り出しが可能です。

省電力化の実現

モータ数の削減や小型化などにより、従来製品に比べ最大30%の消費電力を削減しました。*1
さらに、待機時の消費電力を約30%抑える省電力モード機能を搭載し、電力削減に貢献します。*2

  • *1:T40A2との比較。ドライブ1台搭載、冗長電源ありの場合。
  • *2:全ドライブに対応。ドライブ4台搭載時。

ホストインタフェース

FC-8GbpsまたはSAS-6Gbpsインタフェース対応のLTO7、LTO6、またはLTO5ドライブを搭載可能です。
ドライブインタフェース経由でロボットを制御するADI(Automation Drive Interface)機能を搭載し、ライブラリ本体とホストとのインタフェース接続は不要です。

遠隔管理機能

ライブラリの監視モニタを標準で装備し、ネットワーク経由でWebブラウザを使用して、遠隔地からも本装置(ロボット、各スロット、ドライブの状態等)の監視および管理が可能です。*3
また、IPv6にも対応しています。

  • *3:データカートリッジの使用量/残量を確認可能。

暗号鍵管理機能

LTO4以降のドライブに搭載されている暗号機能を有効とし、使用する暗号鍵を管理するための手段として、H/Wオプション「暗号鍵管理オプション」を提供します。
このオプションにより、バックアップソフトに依存せず、簡単にセキュアなバックアップシステムを構築可能です。

マルチプラットフォームに対応

Windows、Linux、HP-UX、Solarisなどオープンプラットフォームに、またプラットフォームの混在環境にも対応しています。
iStorage T60Aテープライブラリのハイパフォーマンスなストレージ機能を、フルに活用できます。

ページの先頭へ戻る