ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

HS6-40A   [iStorage ストレージ]

【画像】HS6-40A

大量のデータを効率よく安全に長期保管でき、しかも必要な時は、即座に活用できるアーカイブストレージです。

標準価格:530万円~(税別)

[PDF]カタログPDF

HSシリーズのコア技術に加え独自の高性能画像圧縮エンジンStarPixel(R)を搭載。大量のデータを効率よく安全に長期保管でき、しかも必要な時は、即座にビジネス活用できる強力なアーカイブストレージです。

  • いろいろな企業内データを効率的&シンプルに保管
  • 階層管理により、さらに保管コストを節減
  • 最先端の高速静止画圧縮エンジンStarPixel(R)を搭載
  • 長期保管が必要なデータを安全&効率的に管理
  • スケールアウトで、投資コストを最適化
  • データを保護する高信頼性
  • コンプライアンス適応の高信頼性機能

利用例

いろいろな企業内データを効率的&シンプルに保管

画像データやメール、センサのログなどの非構造化データや重要な企業内データ…。iStorage HS6なら、必要に応じて容量追加が可能で、必要とされるパフォーマンスにも拡張が可能。ビジネスシーンに合わせてスケールアウトが可能です。
また、PB(ペタバイト)以上の容量でもシングルプールで管理できるので、効率的な容量の利用とシンプルな容量管理が可能です。

【画像】いろいろな企業内データを効率的&シンプルに保管

階層管理により、さらに保管コストを節減

アーカイブソフトウェアと連携することで、使用頻度が低いデータなどは、アーカイブストレージに移動することにより、1次ストレージの容量に余裕ができ、パフォーマンスも向上。長時間化していたバックアップ時間も短縮します。さらに階層化しテープ装置へ保管することもでき、容量単価の安いテープ媒体で保管することにより、保管コストを大幅に削減できます。あらかじめポリシー設定しておけば作業プロセスを自動化でき、人的工数も軽減することができます。

【画像】階層管理により、さらに保管コストを節減

主な機能

最先端の高速静止画圧縮エンジンStarPixel(R)を搭載

近年、様々な業種で画像・映像センサによるビッグデータの収集・解析が注目されています。NECでは、優れた圧縮効率と高速性を両立させた画像圧縮エンジンStarPixel(R)の開発に成功。JPEG2000と同等の高画質・高圧縮率と10~40倍の高速処理を実現しました。この最新技術を、iStorage HS6に搭載。この組み合わせにより、膨大な画像データも高品質のまま容量を削減しながらリアルタイムで活用できます。

【画像】最先端の高速静止画圧縮エンジンStarPixel(R)を搭載

長期保管が必要なデータを安全&効率的に管理

医療用や監視カメラの画像データ、設計データやメールなど長期保管が必要なデータを安全に管理できます。旧ノードから新ノードへ順次交換することで、新ノードへ自動的にデータを移行します。このため、テラバイト・ペタバイト規模のデータでも移行作業は要りません。新たにシステムを構築しデータ移行する場合に比べ大幅な時間(コスト)削減になり、ROI(投資対効果)にも優れています。

【画像】長期保管が必要なデータを安全&効率的に管理

スケールアウトで投資コストを最適化

ビッグデータ時代では、予測困難なデータ増加へ対応する必要があります。iStorage HS6は変化へ柔軟に対応できるスケールアウト型ストレージなので、ノードを追加するだけで、性能・容量を拡張可能です。スモールスタートし、アーカイブデータの増加に伴い適切なタイミングで拡張できるため、投資コストを最適化できます。

【画像】スケールアウトで投資コストを最適化

データを保護する高信頼性

重要な企業データを格納するアーカイブストレージには、高次元の信頼性・可用性が求められます。iStorage HS6では、分散冗長配置によりディスクドライブ3台の同時障害(設定によりディスクドライブ6台までの同時障害)にも耐える堅牢性を実現し、また自動修復機能で再構築も迅速に処理されます。これらの先進技術により、データロストのリスクを最小化することができ、RAIDを超える高信頼性を達成しました。さらに、レプリケーション機能により遠隔地へ保管することで、災害時のデータロストを最小限に抑えられます。

【画像】データを保護する高信頼性

コンプライアンス適応の高信頼性機能

データ漏洩を防ぐための暗号化機能をはじめ、悪意ある改ざんや誤操作からデータを守る改ざん防止機能に対応。加えて、運用を継続しながら不要なデータ領域を物理的に完全抹消し復元不可能とする機能(米国防総省準拠方式(DoD5220.22-M))も備え、企業に求められるコンプライアンスにも適応します。

ページの先頭へ戻る