Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Japan Storage Vision 2014   [iStorage ストレージ]

2014年2月13日(木) 「第14回 Japan Storage Vision」(IDC Japan主催 於:東京カンファレンスセンター品川)が開催されました。
本イベントでは、「次世代ストレージがもたらすITインフラの変革」というテーマの下、次世代ITインフラ構築の指針と、ビジネス環境の変化に対応できる情報マネジメントの課題解決策をご来場の方々に提案し、ストレージ投資の新しい方向性をご検討いただくため、IDC Japanのアナリストと業界のITベンダーによる講演が行われました。

【画像】講演風景ITプラットフォーム事業部
シニアマネージャー 菊地 芳秀

菊地による講演「クラウド時代に求められるストレージプラットフォームの革新について」は、NECの考えるクラウド時代のストレージプラットフォームの課題と解決の方向と事例をご紹介し、さらに、これからのクラウドの構築に向けて必要となるストレージプラットフォームの革新について紹介しました。
本イベントでIDCからは、第3のプラットフォーム時代の新しい課題に対応するためには、過去の投資パターンや構築パターンに捉われず、最適なソリューションを選択し、ストレージの新技術導入に当たっては、将来のITインフラのロードマップを描いた上で投資を判断するなどと提言がありました。

講演資料