ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. サポート/サービス
  6. 接続検証・技術認証
  7. Oracle認証
  8. Oracle Storage Compatibility Program(OSCP)
  9. OSCP Remote Mirroring test
ここから本文です。

Oracle認証   [iStorage ストレージ]

Oracle Storage Compatibility Program (OSCP)

OSCP Remote Mirroring test

OSCPのRemote Mirroringテストは、Oracleデータベースの災害対策(Disaster Recovery)として、遠隔地へのデータベース複製及び復旧にストレージ装置の持つ Remote Mirroring 機能を利用するためのテストです。
Remote Mirroring 機能とは、ある特定の時点でのストレージ装置上のデータを遠隔地にある別のストレージ装置に複製/保存し、また利用するための機能です。複製の作成/保持はストレージ装置の機能により実行され、データベースを運用するサーバ機の負荷とはなりません。

この Remote Mirroring 機能をOracleデータベースのStandby Database 機構と併用することで、Standby Database機構のみでは実現が難しい災害時等におけるデータロスのないデータベース復旧を実現することができます。

Standby Database と Remote Mirroring

Oracle データベースは、遠隔地でデータベースの複製を作成するStandby Database 機構を備えています。運用により生ずるアーカイブログファイルを TCP/IP などの通信機能を用いて遠隔地側へ転送し、あらかじめ複製しておいたデータベースへ適用することで更新を反映させます。しかしながら、アーカイブログファイルを遠隔地へ転送するまでには実際のトランザクション処理に対しタイムラグが生じます。この期間のトランザクションはリアルタイムで Online Redo Log に記録されていますが、災害が発生するときの状態次第では、この Online Redo Log にしかないデータが失なわれる可能性があります。

そこでStandby Database 機構によるアーカイブログファイルの転送に加えてストレージ装置の持つ Remote Mirroring 機能によりOnline Redo Log も遠隔地に複製することで、遠隔地の複製データベースを運用側のトランザクションデータをすべて備える代替データベースとして利用できるようになります。

リモートデータレプリケーション

iStorageでは、Remote Mirroring は RemoteDataReplication 機能によって実現しています。
iStorageディスクアレイ装置とその関連ソフトウェア製品で構成されるデータレプリケーション機能は、データベースの運用ボリュームを遠隔地に配置した別の同形式の iStorage ディスクアレイ装置に複製を作成することができます。

また、二つの装置の接続は最大 2Gbps の転送レートを実現する FibreChannelをはじめとした各種高速回線が利用可能であり、これにより運用側での性能を損なうことなく高速に遠隔地にデータの複製を作成することが可能となります。

なお RemoteDataReplication 機能は iStorage ディスクアレイ装置の備えるDynamicDataReplication 機能と同じ操作性で提供されるため、既に DynamicDataReplication 機能をバックアップなどの目的で導入済みの場合でも統合した運用形態で RemoteDataReplication 機能を利用することが可能となります。

S4000シリーズ及びS3000シリーズは、 DynamicDataReplication と RemoteDataReplication の両方の機能を、S2000は DynamicDataReplication のみを搭載しています(仕様は予告なく変更となる場合があります)。

OSCPテスト実施

NECでは、Oracle社からOSCP Remote Mirroring テストキットの提供を受けて、Oracleデータベースに対するiStorageの Remote Mirroring - RemoteDataReplication 機能-の適合性を検証しました。その結果、Oracle社がOSCPへの適合条件とする Remote Mirroring に関する全てのテストに合格いたしました。

テストは以下の条件下で実施したものです。NECは今後各種プラットホームでの適用について順次検証をすすめていく予定です。

OS/platform Oracle Version
Solaris 8(Sun Microsystems) 8i

iStorageディスクアレイ装置を用いたOSCPのRemote Mirroringカテゴリのテスト結果の詳細を、以下のホワイトペーパーとして公開します。

ページの先頭へ戻る