ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. 仮想化システムの効率運用
ここから本文です。

仮想化システムの効率運用   [iStorage ストレージ]

仮想マシンの容易な作成

手続きをシンプルにし、システムの迅速な立ち上げ

<こんなことで、お困りの方に>

  • 書類の作成などシステム管理者への申請処理が面倒。
  • 申請から利用までに時間がかかる。
  • 新しいサービスやシステムをタイムリーに立ち上げられない。

システム構成全体の見える化

障害発生時の迅速な対応を可能に

<こんなことで、お困りの方に>

  • 仮想化システム全体の構成がわからない。
  • 障害の影響範囲の特定が難しい。

システム状況の見える化

視覚的に異常原因を把握

<こんなことで、お困りの方に>

  • 仮想化システム全体の稼働状況をすぐに把握できない。
  • 性能低下の原因となるボトルネック箇所がわからない。

運用の見える化

業務改善ポイントの発見

<こんなことで、お困りの方に>

  • システム部門の人手不足で時間がない。
  • オペミスがなくならない。
  • 運用改善が継続しない。

ページの先頭へ戻る