ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. 仮想化システムの効率運用
  7. システム構成全体の見える化
ここから本文です。

システム構成全体の見える化   [iStorage ストレージ]

障害発生時の迅速な対応を可能に

導入前の課題

  • 仮想化システム全体の構成がわからない。
  • 障害の影響範囲の特定が難しい。

WebSAM SigmaSystemCenter」+「iStorage Mシリーズ」で
解決します!

解決策と効果

【画像】

  • 複雑な仮想化システムのコンポーネントとその接続関係を見える化し、システム全体構成が容易に把握できます。
  • 障害発生時には、各コンポーネント間の依存関係に応じて影響範囲がわかります。それによって影響範囲を用意に特定でき、障害への対処が迅速に行えます。

冊子

「仮想化システムの効率運用」をまとめた冊子です。

その他 仮想化システムの効率運用

  • システム構成全体の見える化

ページの先頭へ戻る