ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. コスト削減
ここから本文です。

コスト削減   [iStorage ストレージ]

ファイルサーバ導入時の考慮ポイント

ファイルサーバ管理の各種悩みを解決したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • ファイルサーバ容量の予定を上回る増加やバックアップの長時間化。
  • 機密情報を含むファイルが共有フォルダに置かれている。
  • ファイルサーバの故障や災害対策。

ファイルサーバの新規導入/リプレース

導入コストを抑えてファイルサーバを導入したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • 新しくWindowsベースのファイルサーバを導入したい。
  • 旧ファイルサーバのOS(Windows NTなど)がサポート切れ。セキュリティ対策が心配なため、リプレース検討。
  • 新規/リプレースにかかわらず、クライアントアクセスライセンス(CAL)を考慮すると導入コストがかかる。
  • 初めてのファイルサーバ導入で、導入作業が心配。

ファイルサーバのスリム化

簡単にファイルサーバのデータ量を削減したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • ディスク容量がなくなるのが早く、ファイルサーバ増設で費用が増大。
  • 運用管理の手間やコストが増える一方。
  • 長期間アクセスがない、内容が同じなどのデータが未整理。
  • ファイルサーバを整理したいが現状と課題がわからない。

ファイルサーバ統合

ファイルサーバを統合し、バックアップやパッチの適用などの管理負荷を低減したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • 部門毎にファイルサーバを持ち、それぞれ部署の管理者がバックアップやセキュリティパッチ適用などの運用、管理を行い非効率。
  • 部門独自でハードディスクを購入するなど、企業内データの把握ができなくなっている。

ストレージ統合

複数サーバのデータを集中管理し、運用コスト・設備コストを削減したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • 複数のサーバにデータが分散しているため、バックアップをはじめとした運用管理コストがかかりすぎている。

情報最適配置(ILM:Information Lifecycle Management)

業務データのアクセス頻度に応じた情報最適配置を行い、運用コスト・設備投資を削減したい

<こんなことで、お困りの方に>

  • アクセス頻度やデータの重要度等に関係なく、全てのデータを高価な高速ディスクを使用したストレージに保存をしているため、過剰な設備投資となっている。

ファイルサーバデータ最適化 

ファイルサーバのデータ肥大化対策をしたい

<こんなことで、お困りの方に>

  • 膨大なファイルに探しているデータがどこにあるか分からないので、いつもキーワード検索している
  • しきい値を設定しているが、頻繁にファイルサーバの空き容量が少なくなる
  • 人事異動や部門内人員再配置などでのファイルのアクセス権の設定が煩雑

ページの先頭へ戻る