ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. コスト削減
  7. ファイルサーバのスリム化
ここから本文です。

ファイルサーバのスリム化   [iStorage ストレージ]

簡単にファイルサーバのデータ量を削減したい

導入前の課題

  • ディスク容量がなくなるのが早く、ファイルサーバ増設で費用が増大。
  • 運用管理の手間やコストが増える一方。
  • 長期間アクセスがない、内容が同じなどのデータが未整理。
  • ファイルサーバを整理したいが現状と課題がわからない。

自動的にファイルを整理し、ファイルサーバ容量を削減できないか。

バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ」と
NFS/CIFSファイルサーバ向け ILMソフトウェア「StorageForce
で解決します!

解決のポイント

  • 簡単かつシンプルにデータを配置するILM製品 「StorageForce
    ファイルサーバを検査し、利用状況を分析し見える化します。使用頻度の低いファイルや古いファイルを現在のファイルサーバから別の廉価・大容量ストレージへ自動的にアーカイブ(移動)します。ファイルサーバのデータ量が削減され、容量逼迫の状況を回避出来ます。
  • 重複排除により容量効率を向上させるストレージ 「iStorage HSシリーズ
    同一データはまとめて記録する重複排除機能と物理データの圧縮機能でアーカイブしたデータ量の格納容量を削減します。
  • 上記二つの機能を組み合わせることにより、ファイルサーバをスリム化し、追加投資を抑制するとともに、運用・管理などのトータルなコスト削減を実現します。

効果、メリット

  • ストレージの利用状況を「見える化」
    分析・レポーティング機能などにより現状がわかります。

【画像】StorageForceによる分析

  • ストレージコストの削減
    一重複排除ストレージを2次ストレージとして運用、高価なファイルサーバへの投資を削減します。
    管理者の運用・管理のコストを削減します。
    バックアップの時間短縮やパフォーマンスが改善します。

【画像】ファイルサーバから二次ストレージへ移行

ファイルサーバから二次ストレージへ移行

  • 既存資産にも適用が可能
    StorageForceおよびiStorage HSシリーズはネットワークが繋がれば適用可能なソリューションです。既存資産を活用した課題解決にも有効です。

検証結果(ホワイトペーパー)

「バックアップ時間短縮ソリューション(iStorage HS + StorageForce)」
会員登録(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る