ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. コスト削減
  7. 情報最適配置(ILM:Information Lifecycle Management)
ここから本文です。

情報最適配置(ILM:Information Lifecycle Management)   [iStorage ストレージ]

業務データのアクセス頻度に応じた情報最適配置を行い、運用コスト・設備投資 を削減したい

導入前の課題

  • アクセス頻度、データの重要度等に関係なく比較的高価な高速ディスクを使用して全てのデータ保存をしているため、過剰な設備投資となり、運用費も余計にかかる。

業務データのアクセス頻度に応じた情報最適配置(ILM:Information Lifecycle Management)により、運用コスト・設備投資を削減できないでしょうか。

解決策と効果

  • アクセス頻度の高いデータは高速ディスクで保管、アクセス頻度の低いデータは低コスト大容量ディスクで保管し、ILMソフト(Enterprise Vault、Storage Forceなど)で運用・管理。データに応じたコスト投資を実践することで、トータルTCOの削減が可能。
  • 製品として、1次ストレージにiStorage MシリーズのSSDやSASディスク、2次ストレージにはiStorage MシリーズのニアラインSASディスクやiStorage HSシリーズ、外部保管にはテープ製品であるiStorage Tシリーズを採用し、最適な情報配置・情報管理が可能。

データを重要度別に配置することで、例えば重要度の高いデータのみを日時バックアップするなどの柔軟な運用も可能です。またバックアップ時間の短縮にも効果があります。

ページの先頭へ戻る