ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. 災害対策(ディザスタリカバリ)
  7. 通信コストを抑えた遠隔地バックアップ
ここから本文です。

通信コストを抑えた遠隔地バックアップ   [iStorage ストレージ]

通信コストを抑えて、効率的に遠隔地バックアップを行いたい

導入前の課題

  • 災害対策としてテープでバックアップしたデータを搬送しており管理が煩雑。
  • 実際の震災などではテープの搬送自身が止まる可能性がある。
  • SAN/NAS等の差分データを全て転送する方式では通信回線コストが膨大。

通信回線コストを下げる方法は無いか。

解決策と効果

  • iStorage HSシリーズのレプリケーション機能で遠隔地転送が可能。重複排除と圧縮技術により、転送データを最低限に抑え、低帯域/低価格の通信回線でも遠隔地転送を実現。一対一の通信だけでなく、一対多数の転送が可能で複数の地点からの遠隔地転送を一箇所に集約することが可能。

構成例

【画像】通信コスト削減可能な災害対策のバックアップシステム構築

その他 災害対策(ディザスタリカバリ)

  • 通信コストを抑えた遠隔地バックアップ

ページの先頭へ戻る