ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. iStorage
  5. 課題・目的から探す
  6. バックアップの効率化
  7. データの長期保管
ここから本文です。

データの長期保管   [iStorage ストレージ]

テープ媒体で残された過去のデータを効率的に保管したい

導入前の課題

  • 装置の耐用年数を超えた過去のデータも保管しなければならないが、長期間保存できる装置が無い。テープ媒体等で保管した場合も、読み取り可能なドライブが無くなるのでデータを新しい媒体に移行する必要がある。しかし、年々データが膨大になり手間がかかる。

データを長期保管する良い方法がないか。

解決策と効果

  • iStorage HSシリーズでは、「自動最適構成」機能により旧ノードから新ノードへ自動的にデータ移行と設定情報の引継ぎが完了。データ移行の煩わしい設定作業も無く、また新システムの構築に比べ大幅なコスト削減が可能。

構成例

【画像】古いノードを新しいノードと順次交換していくことで、新しいハードウェアへ移行完了

  • 管理アクセラレータ・ノードを交換する場合は、システムを一時停止する必要があります。
  • 既設のiStorage HS8-20にiStorage HS8-30のノードを追加できます。ただしシステムバージョンは3以上である必要があります。

ページの先頭へ戻る